息壌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

息壌(そくじょう、中国語: 息壤)、あるいは息土(そくど)は、中国神話に登場する土の怪物、あるいは魔法の土である。神話に拠ればそれは自ら増殖する能力を有し、そのため(こん)と(う)は大洪水を治める目的でこれを用いた[1]

いくつかバリエーションがあるが、神話では鯀は黄帝から息壌を盗んだ。黄帝は鯀を罰するために祝融(しゅくゆう)を派遣し、祝融は羽山(地名)で鯀を処刑した[2]。また別のバリエーションでは、禹は天国へ向かう。黄帝に懇願し、彼から魔法の亀の背に乗せられるだけの息壌を譲り受け、大洪水の元となっていた233,559ヶ所の泉を塞ぐために使った[3]。また別の話では息壌は太帝から盗まれ、あるいは授かり、そして祝融以外のものが鯀を処刑したものとして語られる[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yang, Lihui; An, Deming (2008). Handbook of Chinese Mythology. Oxford University Press. ISBN 0-19-533263-6.  218
  2. ^ Christie, Anthony (1975). Chinese mythology (3rd impression. ed.). London: Hamlyn. p. 87. ISBN 978-0-600-00637-4. 
  3. ^ Christie, Anthony (1975). Chinese mythology (3rd impression. ed.). London: Hamlyn. pp. 87–88. ISBN 978-0-600-00637-4. 
  4. ^ Yang, Lihui; Turner, Deming An, with Jessica Anderson (2008). Handbook of Chinese mythology. Oxford: Oxford University Press. pp. 127, 237. ISBN 0-19-533263-6. 

参考文献[編集]