恩田聖敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おんだ さとし
恩田 聖敬
生誕 (1978-05-10) 1978年5月10日(40歳)[1]
日本の旗 日本岐阜県
出身校 京都大学大学院
職業 実業家
肩書き 株式会社まんまる笑店代表取締役社長
配偶者[2]

恩田 聖敬(おんだ さとし、1978年5月10日[1] - )は、日本実業家

来歴[編集]

岐阜県山県郡高富町(現:山県市)出身[3]。1991年に高富町立桜尾小学校、1994年に高富町立高富中学校、1997年に岐阜県立岐阜北高校をそれぞれ卒業[4]し、京都大学工学部物理工学科に入学。2002年に京大卒業後は京大大学院に進学し、2004年に工学研究科航空宇宙工学専攻を修了した[4]

2004年に株式会社ネクストジャパン(後のネクストジャパンホールディングス)に入社、2009年4月に就任した同社管理部長を経て、2011年10月に同社取締役に就任した[1]。ネクストジャパンホールディングスがJトラストに吸収合併された後は同社に移り、2013年5月よりJトラスト傘下のアドアーズ株式会社(後の株式会社KeyHolder)の執行役員、同年6月に同社取締役、2014年6月に同社常務取締役をそれぞれ歴任した[1]

2014年4月、Jトラスト社長の藤澤信義が支援に乗り出したJリーグFC岐阜の運営会社である株式会社岐阜フットボールクラブの代表取締役に就任[3]。チームの再建に尽力した。

2015年1月、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) を発症していることを公表した[5]。2014年5月にALS発症を医師から告知されたとしている[2]。本人は「お客様の喜ぶ姿や、『ありがとう』の声に接することが出来るこの職務は、私の天職」との思いからできる限りの職務続行の意思を示していたが、病気の進行と共に職務遂行に支障を来すようになったことを受け、2015年11月22日に行われたシーズン最終戦・対アビスパ福岡戦の試合終了後の挨拶で社長職を退任することを表明した[6]。2016年1月ブログ、Facebook、Twitterを開始。FC岐阜の取締役としても2016年4月25日をもって任期満了により退任し[7]、2016年5月~6月にクラウドファンディング(LIFULLソーシャルファンディング)にて創業資金を募り、2016年6月30日より、株式会社まんまる笑店の代表取締役社長に就任している[8]。2017年6月21日世界ALSデーに動画「ALSの正体」の日本語版、英語版を公開[9]、2017年10月佐藤仙務社長との対談本『2人の障がい者社長が語る絶望への処方箋』を発刊[10]。2018年8月には気管切開をして人工呼吸器ユーザーとなった[11]。経営者、難病患者、二児の父としての経験をいかし、月に数本の講演・研修など「重度障害者となっても自分らしく生きる」をテーマに精力的に啓発活動を行っている。



脚注[編集]

  1. ^ a b c d アドアーズ株式会社 第45期有価証券報告書、2015年5月24日閲覧
  2. ^ a b 難病ALSと闘うサッカー・FC岐阜社長、恩田聖敬さん”. 読売新聞 (2015年4月6日). 2015年5月24日閲覧。
  3. ^ a b 代表取締役社長 恩田聖敬 就任記者会見”. FC岐阜 (2014年4月24日). 2015年5月24日閲覧。
  4. ^ a b FC岐阜”. FC岐阜公式Facebook (2014年4月24日). 2015年5月24日閲覧。
  5. ^ “J2岐阜 恩田社長が難病ALS発症を告白 職務続行の覚悟明かす”. スポーツニッポン. (2015年1月30日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/30/kiji/K20150130009720970.html 2015年11月24日閲覧。 
  6. ^ 代表取締役社長からFC岐阜に関わる皆様へのご挨拶”. FC岐阜 (2015年11月23日). 2015年11月24日閲覧。
  7. ^ 【拡散希望】ALSと共に働く。これまでも、これからも - 公式ブログより
  8. ^ 会社概要”. 恩田聖敬. 2019年1月19日閲覧。

[1][2][3]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

  • ^ /Satoshi Onda恩田聖敬 (2017-06-20), ALSの正体 恩田聖敬, https://www.youtube.com/watch?v=ebic4uEEoCs 2019年2月20日閲覧。 
  • ^ 2人の障がい者社長が語る絶望への処方箋 | 左右社”. sayusha.com. 2019年2月20日閲覧。
  • ^ 気管切開しても、私は私です!” (日本語). 片道切符社長のその後の目的地は?ALSと共に生きる恩田聖敬のブログ. 2019年2月20日閲覧。