性欲喚起のための性的拒否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

性欲喚起のための性的拒否(Erotic secutal denial) とは、性的興奮緊張を高めることを目的として、パートナーの性的体験の一部を制限したり禁止する行為である。どんな行為をどの程度の期間禁止するかは、制限をする側が一方的に決めることが普通である。性的拒否の多くは性行為のひとつとして性的パートナーの間で行われるものであるが、自己的なプレイとして行われることもある。

性的興奮状態を長時間維持しつつもオーガズムに達することのないようする、オーガズム管理(俗にいう「寸止め」)は、性的拒否の典型的な例である。ほかによく知られる性的拒否として、射精管理がある。この性的快感の剥奪は、貞操具に代表される性器への接触や完全な勃起状態を物理的に妨げる器具を利用して強制することも少なくない。もうひとつよく知られるバリエーションとして、口淫セックスを禁止し、その期間をさいころや運まかせのゲームの結果によって決めるといったものもある。

性的拒否はBDSMボンデージと組み合わされて行われることも多い。

拒否の実施例[編集]

緊縛責め(Tie and Tease)[編集]

ボンデージ緊縛は、性的なプレイの中でパートナーのオーガズムを制御するためによく利用される焦らしプレイの一種であるとみなされる。ボンデージによって強調される救いのない状況によって、性的欲求不満がさらに高められることから、緊縛責めは物理的な行為であると同時に心理的要素も大きいとも言える。

焦らし責め(Tease and Denial)[編集]

焦らし責めは、オーガズムに近い状態まで刺激を与えられては、刺激を止められ、オーガズムの瀬戸際に留め置く行為で、「寸止め(edging)」とも呼ばれる。これはオーガズム管理に近いが、最終的にオーガズムが約束されているわけではない。

刺激を取り除いたあとに訪れるオーガズムを「台無しオーガズム」と呼ばれることがある。これは、オーガズム中の刺激がないばかりでなく、寸止め中に責められる側が感じる「拒否のオーガズム」の終焉を意味するからである。拒否のオーガズムは、男性の場合ブルーボールズと呼ばれる睾丸への鈍い痛みや、予想外の収縮により射精時の精液の放出の妨害(閉塞オーガズム)を伴うことがある。

パートナーとの関係によるが、何度もオーガズムのポイント近くまで繰り返し焦らされることで、激しい性的興奮と心理的欲求が生まれる。

モダンな男性用の貞操具

完全拒否[編集]

完全拒否は、陰茎または大陰唇への刺激を一切避けるというだけの拒否である。貞操帯のような物理的な障壁や器具をつけて行われることもある。貞操帯は男性用と女性用のそれぞれが市販されている。貞操帯などの器具による性器へのガードがあったとしても、器具や状況によっては、性的興奮が可能になる場合がある。

男性へのペニスバンド装着[編集]

男性の性的快感が拒否されている状況下でも、女性への挿入を伴うセックスを行えるようにするために、男性にペニスバンドを装着させて行う性行為。男性に貞操帯を装着したままでも、女性は挿入によるオーガズムを得ることができる。これは、陰茎をペニスバンドで置き換えるだけのものであり、女性が男性に挿入する逆アナル(pegging)とは区別される。

これは、貞操帯がずっとつけられている場合には完全拒否の派生と言えるが、前戯中のみペニスバンドが装着される場合には焦らしプレイでの一種である。後者においては、例えば早漏に悩む男性が女性に十分な性的満足を与えるために、総挿入時間を長くするため、といった意図があることもある。

コントロールの形式として[編集]

性欲喚起のための性的拒否は、主従関係をさらに強化するためにも利用されることがある。性的拒否によって、服従者の性的欲求は維持されつづけ、その立場も弱まった状態に保たれるため、支配者する側の権限は保持されやすくなる。言いつけに守れなかった場合、さらなる罰をうけたり、拒否の期間が延長されるなどが課されることもありうるからである。

射精管理のようなオーガズム拒否を使えば、支配者は服従者の生活面も含めてコントロールすることができる。そのためBDSMの関係の強化やその範囲の拡大、あるいはそういった関係を確立させるためにも利用されることがよくある(とはいえ、BDSMと関係なくオーガズム拒否を実施することもできる)。支配者は性的支配を強化し、自らのエロティックな魅力を高められること、性的に優位に立つ感覚を楽しめるためにオーガズム管理を好意的に感じる一方で、服従者も自ら性的所有物化されている感覚や支配されている感覚からオーガズム管理を支持してしまうからである。

オーガズム拒否はまた、オーガズムを我慢するトレーニングを通じて身体刺激への耐性を養ったり、オーガズムが許可制であることを教え込むためにも利用できる。オーガズム拒否は、服従者に雑用、異性装、または体液の強制摂取など、他の形態の性的屈辱を伴うこともある。 これらは罰としても、解放の条件としても、または単に支配者の気まぐれでも行われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ジョージアアイビーグリーン、 キーホルダーハンドブック
  • ジョージアアイビーグリーン、 いじめと拒否の究極のガイド
  • ケンアディソン、 彼女の指の周り
  • ルーシー・フェアボーン、 男性貞操:キーホルダーのためのガイド
  • エリーゼ・サットン、 女性支配
  • バーバラ・ライト・アベナシー、 トップ金星
  • Gorgeann Cross、 女性のための性的能力