羞恥プレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
羞恥プレイ

羞恥プレイ(しゅうちプレイ)は、SMマゾヒストを辱めるプレイ。

概要[編集]

一般的なセックスSMプレイなどの一環として行われる性的プレイであり、性的興奮を高めるためにパートナーの羞恥心を煽る行為である。

通常のセックスでは、言葉による羞恥心の扇情が言葉責めとして羞恥プレイの一種にあたる。照明を消して行なうのが一般的とされる性行為の最中、パートナーがいかに性的に興奮しているかを言葉で表現することにより、自覚している身体の変化以上にパートナーに性的な興奮をあたえる。

SMプレイにおいては、サディストがパートナーのマゾヒストを責める方法として特に羞恥心を煽る行為を強要することを、概して羞恥プレイと呼ぶ。ただし、この場合はパートナーを性的に興奮させることが目的なので、人格を貶めるような行為はプレイそのものをしらけさせてしまうこともある。また、物理的または視覚的な行為をともなわないものも存在する。

多用されるプレイ[編集]

衣服に関するプレイ
  • 下着を着用させずに(ノーパンノーブラ)、しかもそれとわかる状況で人前に出す。
  • 衣服を着用させずに人前、もしくは他人に見られる可能性のある場所へ連れ出す(露出プレイ)。
  • 年齢に見合わない格好をさせる(熟女セーラー服を着せるなど)。
  • 羞恥心の強いパートナーに露出度の高い衣服を着せる。
  • 男性に、ランジェリースカートなど女物の服を着せる。化粧をし女性的なしぐさや言葉づかいを強要する(強制女装)。
性的な羞恥心を煽るプレイ
物理的な羞恥を感じさせるプレイ

注意点[編集]

実際に行なうと、露出などの状況によって公然わいせつ罪などの罪に問われることがある。また、羞恥心は心理的側面として慣れやすいので、プレイには工夫が必要となることが多い。

関連項目[編集]