志の輔ラジオ 気分がいい!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
志の輔ラジオ 気分がいい!
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1990年4月9日~1996年3月29日
放送時間 月曜 - 金曜9:00~11:00
放送局 文化放送
パーソナリティ 立川志の輔
出演 小林千絵ナース井手大桃美代子、小向真里子、水谷加奈ほか
テンプレートを表示

志の輔ラジオ 気分がいい!(しのすけラジオ きぶんがいい)は、1990年4月9日から1996年3月29日まで、文化放送平日の朝の時間帯で放送されていた、ラジオ番組である。

概要[編集]

それまで『高島忠夫のダイナミックジャンボ』→『高島忠夫の気ままなジャンボ』→『お元気ですか高島忠夫です』と、1976年4月から14年間続いた、高島忠夫が担当した、生ワイド番組が終了。この後継番組としてスタートした。

本番組終了後の7年6か月後、2003年10月4日からは『志の輔ラジオ 土曜がいい!』がスタート、その後も続いて『志の輔ラジオ 落語DEデート』と『志の輔ラジオ』をタイトルに冠した番組が放送されている。

放送時間[編集]

  • 毎週月曜日~金曜日 9:00~11:00 (JST) - 1990年4月~1995年3月
  • 毎週月曜日~木曜日 9:00~11:00 (JST) - 1995年4月~1996年3月
    • 『好江・寺ちゃん お祭りガバチョ』(パーソナリティ:内海好江寺島尚正 毎週金曜日 9:00~11:00 (JST))がスタートしたことにより、木曜日までの放送となる。

パーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

  • 小林千絵 (月曜・水曜・金曜 → 1990年10月からは全曜日出演、1991年9月まで)
  • ナース井手 (火曜・木曜、1990年4月~1990年9月)
  • 大桃美代子 (1991年10月~1992年3月、全曜日)
  • 小向真里子(文化放送アナウンサー(当時)、1992年4月~1993年3月、全曜日)
  • 水谷加奈(文化放送アナウンサー、1993年4月~1996年3月、全曜日)

コーナー[編集]

9時台[編集]

  • 私ってワガママ~いまどきの妻たち (1990年4月~1991年9月)
  • 王様と私 (1991年10月~)
  • 志の輔のミュージック気分しだい「志の輔・好江のツッコミトーク」(NRNネットコーナー。志の輔と内海好江のトーク番組)
  • 志の輔の裸の王様
  • カゴメ モーニングトーク 志の輔のおかわり自由 (1990年4月~1991年9月)
  • クロネコヤマト 志の輔のらくがき川柳新鮮流 (1992年4月~)(ヤマト運輸提供のコーナー)
    • 川柳は出来の良い順に、松、竹、梅となり、松を獲得すると現金が貰えた。
    • 松を獲得した投稿時に流れていた曲はあみんの「待つわ」で、歌の「わたし待〜つ〜」(「わ」の前で止まる)の後にファンファーレが鳴る。
    • 山藤章二が、月1回レギュラー出演。『月刊 山藤賞』が選ばれていた。
    • このコーナーは、NRN系列のネット局にも、10分に編集されて、放送されていた。

10時台[編集]

  • HAPPY PROJECT ~みんなで考えよう~
  • ハガキでファンクラブ (1990年4月~1991年3月)
  • 幸せ気分 (1991年4月~1991年9月)
  • しあわせファミリー (1991年10月~)
  • Dr.志の輔の特集X
  • 人妻さん おじゃまします 志の輔です(一正蒲鉾提供のコーナー)
    • 寺島尚正太田英明が日替わりで、商店街やスーパーの店頭で中継するコーナー。
    • 毎日、奥様一人に問題を出題して、正解だと現金が貰えた。残念賞でも、一正製品をプレゼントしていた。
  • 小学館 ラジオマガジン 育児アルバム
  • ラジオショッピング
文化放送 月曜~金曜(木曜)午前ワイド(9:00~11:00枠)
前番組 番組名 次番組
志の輔ラジオ 気分がいい!