徳丸吉彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳丸 吉彦(とくまる よしひこ、1936年12月5日[1] - )は、日本の音楽学者お茶の水女子大学名誉教授聖徳大学教授放送大学客員教授。民族音楽、音楽記号学、幼児教育などが専門。

来歴[編集]

東京都出身。東京大学美学藝術学大学院修士課程修了、国立音楽大学助教授、お茶の水女子大学教授、放送大学教授を経て、聖徳大学音楽学部音楽総合学科作曲・音楽研究コース教授。

著書[編集]

  • 親と子の音楽再入門 聴くことからはじまる 国土社 1979年
  • 民族音楽学 放送大学教育振興会 1991年
  • 民族音楽学理論 放送大学教育振興会 1996年
  • 音楽とはなにか-理論と現場の間から 岩波書店、2008年

共編著[編集]

  • 口頭伝承の比較研究 1 川田順造共編 弘文堂 1984年
  • 幼児と音楽 ゆたかな表現力を育てる 大宮真琴共編 有斐閣選書 1985年
  • 芸術文化政策 1 利光功共編著 放送大学教育振興会 2002年
  • 芸術・文化・社会 青山昌文共編著 放送大学教育振興会 2003年
  • 音楽理論の基礎 笠原潔共著 放送大学教育振興会 2007年
  • 完全なる音楽家 初代・米川敏子の音楽と生涯 福田千絵共著 出版芸術社 2007年
  • 事典世界音楽の本 高橋悠治,北中正和,渡辺裕共編 岩波書店 2007年

翻訳[編集]

  • 芸術の哲学 ヴァージル・C.オルドリッチ 川野洋共訳 培風館 1968年
  • 音楽のリズム構造 G.W.クーパー,L.B.メイヤー 音楽之友社 1968年
  • コンピューターと音楽 H.B.リンカーン編 柴田南雄他共訳 カワイ楽譜 1972年
  • 華麗なる旋律 ルビンシュタイン自伝 アルトゥール・ルビンシュタイン 平凡社 1977年
  • 人間の音楽性 J.ブラッキング 岩波書店 1978年 (岩波現代選書)
  • 音楽行動の心理学 ルードルフ・E.ラドシー,J.デーヴィッド・ボイル 音楽之友社 1985年
  • ベートーヴェン メイナード・ソロモン 勝村仁子共訳 岩波書店 1992年-1993年
  • 鍵盤を駆ける手 社会学者による現象学的ジャズ・ピアノ入門 D.サドナウ 共訳 新曜社 1993年

出演[編集]

  • 音楽理論の基礎('07) (放送大学学園東京テレビジョン放送局・放送大学学園東京デジタルテレビジョン放送局、2007年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.515