影山光洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

影山 光洋(かげやま こうよう、本名:影山 正雄、1907年5月23日 - 1981年3月1日)とは、日本の報道写真家。

日暮里駅4番線での終戦後の買い出し列車(1946年、影山光洋撮影)

静岡県浜松市に生まれ[1]、若い頃から写真撮影に親しむ。

浜松商業卒業後、画光舎に勤める。その後、東京高等工芸学校に進み(一期生)、卒業後朝日新聞社写真部に勤める。報道写真を中心に、戦前から戦後にかけて、日本の世相を写し続けた。作品の対象となった事件性のある出来事としては、例えば、二・二六事件南京陥落、山下・パーシバル会談などを挙げることができる。

写真の記録性を著しく重視し、その点を徹底したことから、「記録写真の鬼」「記録の鬼」と呼ばれることもある。

代表作[編集]

  • 芋っ子ヨッチャンの一生

主要著書・写真集など[編集]

  • ある報道写真家の見た昭和30年史(影山光洋・雄鶏社・1955)
  • 芋っ子ヨッチャンの一生(影山光洋・新潮社フォトミュゼ・1995)
  • 影山光洋(日本の写真家14・岩波書店・1997)岩波書店による紹介
  • 写真昭和50年史(影山光洋・講談社・1975)
  • 昭和の女(影山光洋・朝日新聞社・1965)

関連する展覧会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 影山光洋日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月9日閲覧

外部リンク[編集]