当座比率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

当座比率(とうざひりつ)とは、安全性分析の指標の一つで、企業の短期の負債に対する支払い能力を判断する指標である。

概要[編集]

当座比率はアメリカ銀行機関などで、Acid-test ratio、Quick assets ratioと言われ、流動比率よりも厳密に短期的な支払能力を見る指標として広く扱われてきた。 計算式は、当座比率(%) = 当座資産 ÷ 流動負債 × 100 である。 ここで示される当座資産とは現金預金受取手形売掛金、一時所有の有価証券などで、特に短期間に現金化できる資産である。これは流動資産から即座には資金化しにくい棚卸資産を除いたものともいえる。棚卸資産は販売行為が完了して代金が回収されるまでは支払能力がないため、換金能力が低いといえる。

対象企業が過剰在庫などにより黒字倒産にならないよう、手元に資金があるかの安全性を評価することが目的である[1]。当座比率は一般に100%以上であることが望ましいとされる。

なお有価証券に含まれるかもしれない不良債権や貸倒れリスクなどがあるため、当座比率が当該企業の実態的支払能力に直結するとは必ずしも言えない。ただしこれらのリスクに対しては引当金が設定されているはずであり、引当金の設定が適正かつ十分であれば当該企業の支払能力は担保されると考えられる[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://fsreading.net/analysis/002.shtml
  2. ^ https://biz.moneyforward.com/words/quick-ratio/