張樹声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

張 樹声(ちょう じゅせい、Zhang Shusheng1824年 - 1884年)は、朝末期の官僚・軍人。字は振軒淮軍の将帥。安徽省合肥出身で張樹珊張樹屏の兄。

稟生であったが弟の張樹珊・張樹屏と共に団練を組織して太平天国軍と戦い、含山六安英山霍山潜山無為に出撃した。太湖の戦いでは500人の兵で数万人の陳玉成軍を破り、劉銘伝周盛波潘鼎新と連合して安徽省北部を制圧した。また曽国藩の呼びかけに応じて蕪湖を守り、知府に抜擢された。

1862年李鴻章に従って上海の救援に赴いた。この時李鴻章が淮軍を創設すると劉銘伝と共にその指揮官となった。1864年には常州湖州を攻略する戦功をあげた。1865年直隷按察使となり捻軍と戦った。1870年山西按察使となり、1872年には漕運総督江蘇巡撫代理に昇進した。1879年貴州巡撫、広西巡撫を経て両広総督となった。その間、ミャオ族の蜂起を鎮圧している。

1882年、李鴻章が母の死で帰郷すると、直隷総督の代理を務めることとなり、朝鮮壬午事変が発生すると、呉長慶を派遣して鎮圧した。1883年、再び両広総督に就任。1884年に清仏戦争が発生すると、朝廷に両広総督を辞任して軍務に専念したいと申し出て受理されるが、間もなく病死した。死後、靖達の諡号を贈られた。

出典[編集]

先代:
蘇鳳文
漕運総督
1871年 - 1872年
次代:
恩錫(エンシ)
先代:
恩錫(エンシ)
江蘇巡撫
1872年 - 1874年
次代:
呉元炳
先代:
何璟
両江総督
1872年 - 1873年
次代:
李宗羲
先代:
黎培敬
貴州巡撫
1879年
次代:
岑毓英
先代:
楊重雅
広西巡撫
1879年
次代:
慶裕(キンユイ)
先代:
劉坤一
両広総督
1879年 - 1882年
次代:
裕寛(ユイクワン)
先代:
李鴻章
直隷総督
1882年 - 1883年
次代:
李鴻章
先代:
曽国荃
両広総督
1883年 - 1884年
次代:
張之洞