何ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
何璟から転送)
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「何璟」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

何 璟(か けい、He Jing1816年 - 1888年)は、末の官僚。字は伯玉、号は小宋広東省香山出身。

道光23年(1843年)に挙人となり、道光27年(1847年)に進士となった。同治3年(1864年)、安徽按察使布政使代理となり捻軍の鎮圧に尽力した。同治4年(1865年)には湖北布政使、更に山西布政使に転任となった。

同治9年(1870年)より福建巡撫、山西巡撫、江蘇巡撫、両江総督、弁理通商事務大臣を歴任、光緒2年(1876年)に閩浙総督・福州将軍となり、光緒5年(1879年)から福建巡撫を兼ねた。光緒10年(1884年)の清仏戦争の際には沿岸部と台湾の防衛の責任者となったが、8月の馬江海戦でフランス艦隊が福州馬尾造船所を襲撃すると、援軍をすぐに送らずに機をうかがって逃走したために、戦争終結後免職となった。

晩年は広東省の応元書院で講義を行った。著作には『春秋大義録』『事余軒詩』がある。

先代:
卞宝第
福建巡撫
1870年
次代:
王凱泰
先代:
李宗羲
山西巡撫
1870年 - 1871年
次代:
鮑源深
先代:
張之万
江蘇巡撫
1871年 - 1872年
次代:
恩錫(エンシ)
先代:
曽国藩
両江総督
1872年
次代:
張樹声
先代:
李鶴年
閩浙総督
1876年 - 1884年
次代:
楊昌濬