広瀬川美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 広瀬川美術館
広瀬川美術館の位置(群馬県内)
広瀬川美術館
群馬県内の位置
施設情報
専門分野 日本近現代美術
館長 近藤浩通
事業主体 私設
開館 1997年(平成9年)
所在地 371-0022
群馬県前橋市千代田町3-3-10広瀬川厩橋河畔
位置 北緯36度23分42.4秒 東経139度4分8.2秒 / 北緯36.395111度 東経139.068944度 / 36.395111; 139.068944座標: 北緯36度23分42.4秒 東経139度4分8.2秒 / 北緯36.395111度 東経139.068944度 / 36.395111; 139.068944
外部リンク www.hirosegawamuseum.sakura.ne.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

広瀬川美術館(ひろせがわびじゅつかん)は、群馬県前橋市の広瀬川河畔にある私立美術館

概要[編集]

群馬県前橋市出身の洋画家(二科会所属)である近藤嘉男(1915年(大正4年) - 1979年(昭和54年))が、1948年(昭和23年)に現在の美術館の所在地に、自宅兼アトリエを建設、子供絵画教室「ラ・ボンヌ」と大人向け美術教室「生活造型実験室」を開設した。近藤の没後、美術館としての補修・改築が行われ、1997年(平成9年)に開館した[1]。1998年(平成10年)には「まえばし都市景観賞」を受賞、1999年(平成11年)には、国の登録有形文化財に登録された[2]

近藤の作品・愛用品のほか、「ラ・ボンヌ」「生活造型実験室」の資料等が常設展示されているほか、定期的に企画展示も開催されている[3]。多目的ホール「シューベルトサロン」が設置され、コンサートやピアノ教室、茶道教室、上州良寛会などの会場として活用されている。

2016年度(平成28年度)、アーツ前橋・群馬大学の連携により、本館を活用した人材育成事業「まえばし未来アトリエ」が行われ、インクルーシブアート教育にかかわるワークショップ、展覧会、コミュニティカフェ、研究会が実践された[4]

建物[編集]

  • 1948年(昭和23年)建設
  • 木造2階建1棟
  • 鉄板葺
  • 建築面積100㎡[5]

交通アクセス[編集]

  • JR前橋駅より徒歩約20分。上毛電鉄中央前橋駅より徒歩約10分。
  • JR前橋駅より渋川方面行バスで「千代田町三丁目」下車、徒歩約1分。
  • 関越自動車道前橋ICより国道17号経由、前橋市街地方面へ15分。

脚注[編集]

  1. ^ 美術館の歴史/広瀬川美術館”. 広瀬川美術館. 2017年10月15日閲覧。
  2. ^ 国登録有形文化財/広瀬川美術館”. 広瀬川美術館. 2017年10月15日閲覧。
  3. ^ 展覧会案内/広瀬川美術館”. 広瀬川美術館. 2017年10月15日閲覧。
  4. ^ まえばし未来アトリエの学び展”. 2017年10月15日閲覧。
  5. ^ 広瀬川美術館(旧近藤嘉男アトリエ及び絵画教室ラ・ボンヌ)”. 文化遺産オンライン. 2017年10月15日閲覧。