広島湾要塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広島湾要塞(ひろしまわんようさい)とは、広島湾呉軍港の防備のため設置された大日本帝国陸軍要塞である。当初は呉要塞と呼称した。

概要[編集]

広島湾と呉軍港への敵艦船の進入を阻止するため、音戸瀬戸・早瀬瀬戸・那沙美瀬戸・大野瀬戸に要塞砲台の設置が検討された。1887年明治20年)1月の計画では早瀬瀬戸・那沙美瀬戸の防禦案であったが、1893年(明治26年)2月には四つ全ての瀬戸の防禦計画が決定された。具体案の計画中に日清戦争が開始されたため、工事が開始されたのは1897年(明治30年)になってからである。

砲台建設は、1897年(明治30年)3月、大那沙美島砲台から開始され、1903年(明治36年)12月までにすべての砲台が竣工した。

豊予要塞の完成に伴いその存在意義を失い、1926年大正15年)8月に廃止された。

年譜[編集]

  • 1897年(明治30年)3月 大那沙美島砲台着工
    • 5月 鶴原山砲台着工
    • 8月 鷹ノ巣低砲台着工
  • 1898年(明治31年)6月 岸根砲台着工
    • 7月 鷹ノ巣高砲台着工
    • 10月 室浜砲台着工
  • 1899年(明治32年)3月 三高山堡塁着工・室浜砲台竣工
  • 1900年(明治33年)3月 大那沙美島砲台・鶴原山砲台・鷹ノ巣低砲台・鷹ノ巣高砲台竣工
    • 4月 呉要塞司令部設置
    • 6月11日 - 呉要塞司令部が広島市段原村に開庁[2]
    • 6月 大君砲台竣工
    • 8月 早瀬第二堡塁竣工
    • 9月 休石砲台着工・岸根砲台竣工
    • 12月 高烏堡塁着工
  • 1901年(明治34年)3月 休石砲台・早瀬第一堡塁・三高山堡塁竣工
  • 1902年(明治35年)4月 大空山堡塁着工
    • 6月 高烏堡塁竣工
  • 1903年(明治36年)1月15日 要塞司令部は移築工事のため広島市の野戦砲兵第5連隊営舎に移転[3]
    • 3月30日 - 要塞司令部は広島市段原村の新庁舎に移転[4]
    • 5月1日 広島湾要塞に名称変更。
    • 12月 大空山堡塁竣工
  • 1926年(大正15年)8月1日 廃止

主要な施設[編集]

呉市

倉橋島

  • 早瀬第一堡塁 - 備砲なし
  • 早瀬第二堡塁

西能美島

  • 大君砲台
  • 三高山堡塁
  • 鶴原山砲台
  • 岸根砲台

大奈佐美島

  • 大那沙美島砲台

厳島

  • 鷹ノ巣低砲台
  • 鷹ノ巣高砲台
  • 室浜砲台

歴代司令官[編集]

呉要塞司令官

広島湾要塞司令官

  • 税所篤文 少将:1903年5月1日 -
  • (兼・事務取扱)河井瓢 砲兵大佐:1904年3月10日 - ※本務・広島湾要塞砲兵連隊長
  • 柴田正孝 少将:1904年7月7日 -
  • 田中信隣 大佐:1904年9月17日 -
  • 加藤泰久 少将:1906年4月16日 - 1907年11月13日
  • 川合致秀 砲兵大佐:1907年11月13日 - 1910年11月30日
  • 榊原昇造 少将:1910年11月30日 - 1912年9月28日
  • 有田恕 少将:1912年9月28日 - 1913年8月22日
  • 近野鳩三 少将:1913年8月22日 - 1914年5月11日
  • 渡辺岩之助 少将:1914年5月11日 - 1915年5月24日
  • 堤可広 少将:1915年5月24日 - 1917年8月6日
  • 谷田繁太郎 少将:1917年8月6日 -
  • 磯村年 少将:1918年1月18日 - 1918年7月24日[5]
  • 高橋綏次郎 少将:1918年7月24日 -
  • 川瀬房四 少将:1919年7月25日 - 1920年8月10日[6]
  • 鳴滝紫麿 少将:1920年8月10日 - 1921年7月20日
  • 浅岡信三郎 少将:1921年7月20日 - 1923年8月6日
  • 大平善市 少将:1923年8月6日 - 1924年1月18日[7]
  • 山内岳造 少将:1924年1月18日 - 1924年12月15日[8]
  • 境孫四郎 少将:1924年12月15日 - 1925年5月1日

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4921号、明治32年11月25日。
  2. ^ 『官報』第5080号、明治33年6月11日。
  3. ^ 『官報』第5862号、明治36年1月20日。
  4. ^ 『官報』第5923号、明治36年4月4日。
  5. ^ 『官報』第1794号、大正7年7月25日。
  6. ^ 『官報』第2408号、大正9年8月11日。
  7. ^ 『官報』第3421号、大正13年1月21日。
  8. ^ 『官報』第3696号、大正13年12月16日。

参考文献[編集]

  • 原 剛『明治期国土防衛史』錦正社、2002年。
  • 歴史群像シリーズ『日本の要塞 - 忘れられた帝国の城塞』学習研究社、2003年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 「要塞司令部の新設及び廃止に関する件」(昭和2年「密大日記」6冊ノ内第1冊)アジア歴史資料センター レファレンスコード:C01003710900
  • 官報

関連項目[編集]