渡辺岩之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡辺 岩之助(わたなべ いわのすけ、1867年慶応3年12月) - 没年不詳)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

山口県出身。陸軍士官学校(旧10期)に入り、1888年(明治21年)7月28日砲兵少尉任官。1892年(明治25年)11月、陸軍砲工学校高等科(1期)を優等で卒業。フランス駐在を経験。日露戦争第1軍管理部長として出征。

1907年(明治40年)1月、陸軍大臣秘書官に就任し寺内正毅大臣に仕える。1908年(明治41年)12月、砲兵大佐に昇進し重砲兵第1連隊長となる。1914年(大正3年)5月、陸軍少将に進級し広島湾要塞司令官に就任。同年8月、臨時攻城砲司令官に発令され、青島の戦いに出征。1915年(大正4年)5月、重砲兵第1旅団長となり、1916年(大正5年)8月、陸軍重砲兵射撃学校長に異動。

1918年(大正7年)7月、陸軍中将に進み由良要塞司令官に着任。1918年(大正7年)11月、重砲兵監に移り、1919年(大正8年)4月、重砲兵監と野砲兵監を統合し新設された砲兵監に就任。1922年(大正11年)8月に待命となり、1923年(大正12年)3月、予備役に編入された。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。