常楽寺 (加古川市上荘町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
常楽寺
常楽寺本堂
所在地 兵庫県加古川市上荘町井ノ口158
位置 北緯34度48分27秒
東経134度54分51.7秒
山号 日光山
宗派 高野山真言宗
本尊 薬師如来
創建年 649年(大化5年)
開基 法道
別称 日光山のお薬師さん
札所等 播磨八薬師霊場2番
文化財 石造九重塔(兵庫県県指定文化財)
法人番号 4140005009705
テンプレートを表示

常楽寺(じょうらくじ)とは、高野山真言宗の寺院である。山号は日光山である。播磨八薬師霊場の2番札所である。わがまち加古川60選(No.39)に選ばれている[1]。病苦を除き、健康と心の安らぎのご利益があることから「日光山のお薬師さん」として親しまれている。

天正年間、豊臣秀吉三木攻めの時、堂塔伽藍すべてを焼失し、1678年延宝6年)に再建された。境内には、鎌倉時代に造られた花崗岩の十三重塔、凝灰岩の三重塔、室町時代に造られたと思われる凝灰岩の五輪塔などの石造遺品がある。

春には、みやまつつじがきれいに咲く[要出典]

境内[編集]

  • 山門
  • 本堂
  • 阿弥陀堂
  • 観音堂
  • 行者堂

文化財[編集]

  • 兵庫県県指定文化財
    • 石造九重塔 - 1977年(昭和52年)3月29日指定[2]

行事[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]