市川猿弥 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にだいめ いちかわ えんや
二代目 市川猿弥
屋号 澤瀉屋
定紋 軸違いの
二つ葉澤潟 Jiku-chigai Futatsu-ba Omodaka inverted.png
生年月日 (1967-08-15) 1967年8月15日(53歳)
本名 久住くずみ 良浩よしひろ
襲名歴 1. 久住良浩
2. 二代目市川猿弥
別名 藤間 紫陽(紫派藤間流
出身地 東京都
血液型 B

二代目 市川 猿弥(にだいめ いちかわ えんや)は、歌舞伎役者。

略歴[編集]

1975年1月歌舞伎座菅原伝授手習鑑』「寺子屋」で初舞台。1978年三代目市川猿之助部屋子となり、二代目市川猿弥の名で『加賀見山再岩藤』の志賀市などを勤める。日本大学芸術学部演劇学科卒業。1998年7月歌舞伎座『義経千本桜』の弁慶名題昇進。東京歌舞伎座、大阪松竹座など、猿之助率いるスーパー歌舞伎をはじめ、数々の舞台で活躍中。体重87kg。好きな食べ物は米。

受賞歴[編集]

  • 2000年松尾芸能賞新人賞。
  • 2009年、重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる[1]

メディア出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 会員一覧 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 2020年10月26日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]