市川寿憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市川 寿憲(いちかわ としのり、1959年1月17日 - 2013年10月3日)は朝日放送テレビプロデューサーラジオプロデューサー

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸の生まれ、畳屋の祖父は演芸芝居好きだったという。そんな縁で落語伝統芸能に精通し小さい頃から劇場や芝居を鑑賞した。また学生時代には雑誌に芝居の批評を投稿したこともあった。

兵庫県立兵庫高等学校関西大学卒業。1982年に朝日放送入社。

ラジオの「米朝よもやま噺」に進行役(聞き手)として知られる[1]。他にも「お笑いプレミアム・ボックス」にも出演していた。また、朝日新聞大阪本社の夕刊芸能面に演芸の評論を書いていた[2]

2013年10月3日に腎細胞がんのため死去[3]。54歳没。のちにお別れの会が開かれ、2014年2月27日にはABCホールで「市川寿憲たまさか落語会」が開かれ親交のあった桂ざこば月亭八方らが出演した。また生涯独身であった。

担当した番組[編集]

ラジオ
テレビ

ほかお笑い、演芸番組を手がけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桂米朝の孫弟子(桂枝雀の弟子)にあたる桂文之助は、市川にとって兵庫高校の2年先輩。
  2. ^ 朝日放送プロデューサーの市川寿憲さん死去(朝日新聞2013年10月3日 同12月15日閲覧)
  3. ^ 朝日放送プロデューサー・市川寿憲さん死去 有名人の葬儀 2013年10月3日