市口政光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

市口政光
日本の旗 日本
男子 レスリング・グレコローマン
オリンピック
1964 東京 57kg級
レスリング世界選手権
1962 ジャカルタ 57kg級
アジア大会
1962 トレド 57kg級

市口 政光(いちぐち まさみつ、1940年1月12日 - )は、大阪府出身の日本アマチュアレスリング選手。1964年東京オリンピックレスリンググレコローマンスタイルバンタム級の金メダリストでもある。

略歴[編集]

関西大学時代に1960年ローマオリンピックに出場し、5回戦で敗れたものの7位に入賞。卒業後はサラリーマンをしながら競技を続け、1962年の全米オープン選手権・世界選手権で優勝した。金メダルを期待された東京オリンピックでは足首の捻挫に苦しみながらも予選を勝ち進み、決勝トーナメントに進出する。しかし、他の予選突破選手が当時の罰則制限をオーバーして失格したため、決勝トーナメントを戦わずして市口の優勝(金メダル)が決定、グレコローマンスタイルでは日本人初の快挙でもあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]