川平テレビ中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

川平テレビ中継局(かびらてれびちゅうけいきょく)は沖縄県石垣市川平(石垣島北西部)の前嵩にあるテレビの中継局。なおラジオ放送は石垣中継局のエリアであるが、NHK-FMに限り、石垣中継局の石垣市真栄里(於茂登岳)から石垣市大川(バンナ岳)への移転に伴い、2012年3月1日に当中継局が開局した。

放送エリア[編集]

沖縄県の最高峰である於茂登岳など石垣島の地形的事情により、石垣中継局から直接受信不可能な石垣島北部を中心にしているが、ごくわずかであるものの西表島北部でも受信できるところがある。なお、NHK-FMについては、石垣島北部及び西表島上原をエリアとしているが、石垣島北東部(平久保半島東岸)は多良間中継局がカバーしている[1]

放送波の送受信[編集]

沿革[編集]

  • 1967年12月22日 OHK沖縄放送協会が沖縄本島に先駆けて宮古・八重山地区でテレビ放送を開始、八重山テレビジョン放送局(コールサイン:KSGA-TV)の中継局として開局(US13ch・500W)。
  • 1972年5月15日 本土復帰によりOHKはNHK沖縄放送局となり、「OHK八重山テレビジョンの中継局」から「NHK沖縄宮古総合テレビジョン(コールサインはKSDY-TVからJOVQ-TVに変更)の中継局」となる(チャンネルはUS13chのまま)。
  • 1975年 沖縄本島〜宮古島間に海底ケーブルが暫定開通し、NHKニュースなどNHKの一部番組が全国・沖縄本島と同時放送となる(ただしモノクロ)。
  • 1976年12月22日 沖縄本島との海底ケーブルが開通。これによりNHKのテレビ放送が全国・沖縄本島と同時放送となり、総合テレビの中継局は「沖縄宮古総合テレビジョンの中継局」から本島の「沖縄総合テレビジョン(コールサイン:JOAP-TV)の中継局」へと変わり、チャンネルもアメリカ式のUS13chから日本式の11chへ変更された。そして新たに教育テレビ(現:Eテレ)の放送が開始された。
  • 1993年12月16日 RBC琉球放送とOTV沖縄テレビ放送の沖縄県内民放テレビ2局が開局30年以上経過してようやく先島での放送を開始。
  • 2009年4月20日 NHKの地上デジタルテレビジョン放送開始。
  • 2012年3月1日 NHK FM放送開始。

テレビ放送送信設備[編集]

地上デジタルテレビ放送送信設備[編集]

ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 NHK
沖縄総合
22 30W 500W 沖縄県 2,062世帯 2009年
4月20日
2 NHK
沖縄教育
18 全国放送
3 RBC
琉球放送
19 沖縄県 2009年
10月21日
5 QAB
琉球朝日放送
21
8 OTV
沖縄テレビ放送
20
  • 送信所はアナログテレビと同じ前嵩に設置。
  • 民放については、技術面とテレビのデジタル切り替えに伴う費用の負担問題もあり放送開始が危ぶまれていたが、先島地区地上デジタル放送推進事業で沖縄本島から宮古島までの海底ケーブル敷設にかかる費用を国から8割補助を受けることが決定されたことから、2009年10月20日にようやく開局。そしてアナログ未開局だったQAB琉球朝日放送は、開局14年目でデジタル放送により先島で放送開始。

地上アナログテレビ放送送信設備[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日 廃局日
6 NHK
沖縄教育
映像500W/
音声125W
映像3.6kW/
音声910W
全国放送 約1,500世帯 水平偏波 1976年
12月22日
2011年
7月24日
11 NHK
沖縄総合
映像3.3kW/
音声830W
沖縄県 1967年
12月22日
44 RBC
琉球放送
映像300W/
音声75W
映像6.4kW/
音声1.6kW
1993年
12月16日
46 OTV
沖縄テレビ放送
  • RBCとOTVの中継局建設の際、中継局建設場所まで、資材運搬する為に約500mのモノレールを敷設、本土からヘリコプターをチャーターして、建設資材などを運搬したという。
  • NHK総合テレビは前身のOHKテレビ時代~復帰後におけるNHK沖縄宮古テレビの中継局時代にはUS13chで放送。沖縄本島・全国と同時放送となった1976年12月22日より現行のJA11chに。
  • RBCとOTVは受信チャンネルは上記の通りだが、UHFで送信されていたため、リモコンでチャンネルを合わせるとき親局のチャンネル(RBCは10、OTVは8)に合わせていたところが多かった。八重山の新聞のテレビ欄には親局のチャンネルが表記されているほか、石垣島のケーブルテレビ局である石垣ケーブルテレビでもそれに合わせている。なお、NHKはVHFで送信されていたため、本来のチャンネルに合わせていた。
  • QABは、アナログ放送については未開局であり、電波割り当てもなされていなかった。

ラジオ放送送信設備[編集]

FMラジオ放送[編集]

周波数
MHz
放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局日
77.7 NHK沖縄FM 100W 580W 沖縄県 約1500世帯[2] 2012年
3月1日

参考文献[編集]

  1. ^ NHK沖縄放送局広報紙『ゆんたく』2012年2月号
  2. ^ 地上デジタルテレビジョン中継放送局およびFM中継放送局の開局について (PDF)日本放送協会第1165回経営委員会資料、平成24年4月24日)、2012年7月5日閲覧

関連項目[編集]