川崎市上下水道局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川崎市上下水道局
Waterworks Bureau, City of Kawasaki
種類 地方公営企業
本社所在地 日本の旗 日本
210-8577
川崎市川崎区宮本町1番地
設立 大正10年(1921年)給水開始
業種 水道業、下水道業
事業内容 上水道、工業用水道、下水道
代表者 上下水道事業管理者
従業員数 1,080人
外部リンク 川崎市上下水道局ホームページ
テンプレートを表示

川崎市上下水道局(かわさきしじょうげすいどうきょく)は、神奈川県川崎市内における水道工業用水道の供給および排水を行う地方公営企業である[1]

概要[編集]

平成27年(2015年)度の業務状況は以下の通り[2]

  • 水道
    • 給水人口 - 1,481,234 人
    • 年間配水量 - 183,649,400m3
    • 1日最大配水量 - 532,800m3( 7月12日)
    • 年間有収水量 - 166,140,433m3
  • 工業用水道
    • 契約会社・工場数 - 58社80工場
    • 1 日当たり契約水量 - 515,330m3
    • 年間契約水量 - 188,610,780m3
    • 年間使用水量 - 139,255,951m3
  • 下水道
    • 下水道利用可能人数 - 約147万人
    • 普及率 - 99.4%

施設[編集]

主要施設は以下の通り。

貯水[編集]

全て相模川水系のダムである。

  • 相模ダム - 有効貯水量4,820万m3
  • 沼本ダム - 有効貯水量153.4万m3
  • 城山ダム - 有効貯水量5,120万m3

導水[編集]

  • 相模隋道(横浜市と共同)、下九沢分水池、第1導水隋道、第2導水隋道、原水1号連絡管、淵野辺接合井

浄水[編集]

  • 長沢浄水場

配水[編集]

水位がほぼ地盤高さに近い配水池と、給水区域への水圧差を確保するための配水塔を持つ。

  • 配水池
    • 鷺沼 - 109,608m3
    • 末吉 - 72,360m3
    • 生田 - 47,698m3
    • 潮見台 - 27,840m3
    • 長沢 - 40,622m3
    • 黒川 - 10,767m3
    • 黒川高区 - 1,998m3
  • 配水塔
    • 高石 - 6,280m3
    • 千代ヶ丘 - 3,504m3
    • 宮崎 - 2,512m3
    • 細山 - 1,899m3
    • 百合丘 - 514m3

下水[編集]

4つの処理場と19のポンプ場を持つ。

処理場

  • 入江崎水処理センター
    • 処理能力-304,500m3/日
  • 加瀬水処理センター
    • 処理能力-244,800m3/日
  • 等々力水処理センター
    • 処理能力-300,000m3/日
  • 麻生水処理センター
    • 処理能力-62,800m3/日
  • ポンプ場
  • 六郷
  • 大島
  • 渡田
  • 京町
  • 古市場
  • 観音川
  • 大師河原
  • 戸手
  • 小向
  • 丸子
  • 加瀬
  • 渋川
  • 天王森
  • 江川
  • 蟹ヶ谷
  • 久末
  • 登戸
  • 等々力
  • 踊場

受水[編集]

国際展開[編集]

財務[編集]

平成27年度時点で以下のとおり[4]

  • 水道
    • 収益的収入: 31,636百万円
    • 収益的支出: 30,263百万円
    • 当年度純利益: 1,373百万円
    • 企業債残高: 56,358百万円
  • 工業用水道
    • 収益的収入: 7,315百万円
    • 収益的支出: 6,572百万円
    • 当年度純利益: 743百万円
    • 企業債残高: 10,116百万円
  • 下水道
    • 収益的収入: 45,195百万円
    • 収益的支出: 42,498百万円
    • 企業債残高: 352,480百万円

キャラクター[編集]

  • ウォータン - 水道キャラクター。水滴形の頭、大きな目、葉っぱのマントが特徴。
  • カッピー - 下水道キャラクター。川崎市下水道事業60周年記念に生まれた。容姿はほぼ河童

脚注[編集]

  1. ^ 川崎市水道事業、工業用水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例”. 川崎市. 2016年12月24日閲覧。
  2. ^ 平成27年度事業統計”. 川崎市上下水道局. 2016年12月24日閲覧。
  3. ^ 国際展開”. 川崎市上下水道局. 2016年12月24日閲覧。
  4. ^ 平成27年度事業統計”. 川崎市上下水道局. 2016年12月24日閲覧。

関連項目[編集]