川島つゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川島 つゆ(かわしま つゆ、1892年1月10日 - 1972年7月24日)は、国文学者俳人

埼玉県出身。本名は以志。俳号は露石。三輪田高等女学校(現・三輪田学園中学校・高等学校)卒。沼波瓊音に俳句を学ぶ。別府大学教授梅花女子大学教授。一茶芭蕉、女流俳人などを研究。

著書[編集]

  • 『一茶俳句新釈』紅玉堂書店 1926
  • 『玟瑰』境地発行所 1927
  • 『一茶の種々相』春秋社 1928
  • 『銀の壷』交蘭社 1935
  • 『芭蕉七部集俳句鑑賞』春秋社 1940
  • 加賀の千代女小學館 1942
  • 『一茶おじさん』小學館・少國民シリーズ 1947
  • 『俳聖松尾芭蕉』四本文雄学芸図書出版社・少年少女図書館文庫 1952
  • おらが春新解』明治書院 1955
  • 『女流俳人』明治書院 1957
  • 『一茶さん』川上四郎絵 小学館の幼年文庫 1958
  • 『カンナの頬かぶり 川島つゆ随筆集』別府大学文学部国文学研究室 1960
  • 良寛』編 川上四郎絵 小学館・ジュニア版伝記全集 1964

校注[編集]

  • 『日本古典文学大系 一茶集』岩波書店 1959年 

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]