川勝博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川勝 博(かわかつ ひろし、1945年 - 2018年)は、日本教育学者名城大学総合数理教育センター長、教授。専門は理科教育物理教育名古屋市生まれ。

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市の出身。名古屋大学理学部物理学科卒。大学卒業後、愛知県の県立高校教諭となり、物理を中心に理数教育を実践・研究した。1994年、アジア人として初めて、ハンガリーの物理学会から物理教育国際賞を贈られた。1997年4月 - 2007年3月、香川大学教育学部教授。2006年、文部科学大臣表彰科学技術賞受賞。2007年4月より名城大学総合数理教育センター長、教授となる。日本学術会議連携会員であり、ユネスコのアジア物理教育ネットワーク日本代表などの国際的役割も担ってきた。2012年7月、イスタンブールで、ICPE(国際物理教育委員会)メダル受賞[1]。「(物理が)わからない」克服の実践記録である授業記録ノートは、『川勝先生の物理授業(上・中・下)』(海鳴社)にまとめられ、英語版、中国語版も出版されている。また、彼は宮沢賢治学会の会員でもある。

著書[編集]

  • 『いきいき物理わくわく実験1(改訂版)』 共著、日本評論社、2002.3
  • 『いきいき物理わくわく実験2(改訂版)』 共著、日本評論者、2002.3
  • 『学ぶ側からみた力学の再編成 - 物理教育の「力学」の視点と実践』 共著、新生出版(文京区)、1992.6
  • 『川勝先生の物理授業(上巻)力学編』 海鳴社、1997.10
  • 『川勝先生の物理授業(中巻)エネルギー・熱・波・光編』 海鳴社、1998.4
  • 『川勝先生の物理授業(下巻)電磁気・原子物理編』 海鳴社、1998.9
  • 『理科(授業づくりで変える高校の教室4)』 明石書店、2005.11

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『理科(授業づくりで変える高校の教室4)』 明石書店、2005.11 ISBN 4-7503-2206-7 ほか

外部リンク[編集]