嶋田高宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

嶋田 高宏(しまだ たかひろ、1974年12月25日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) に所属していた元騎手で、現在は調教助手茨城県出身。身長156センチメートル、体重53キログラム、血液型A型。美浦トレーニングセンター所属。父は元調教師嶋田潤、伯父には同じく元調教師の嶋田功がいる。騎手の嶋田純次との血縁関係はない。

経歴[編集]

1993年、JRA競馬学校を第9期生として卒業して騎手免許を取得しデビュー。同期には飯田祐史小林徹弥や、後に競馬学校世代で史上初の学士騎手となった川合達彦らがいる。

初騎乗は1993年3月6日、中山競馬第4競走のフルムーンで、16頭立ての9着。

初勝利は1993年5月15日の東京競馬第12競走のマリンパシフィックで挙げた。デビュー57戦目でのことだった。

1993年8月8日関屋記念でロッシーガロに騎乗し重賞初騎乗(12着)。

1998年12月20日スプリンターズステークスでフェイマスケイに騎乗しGI初騎乗(6着)。

2001年9月23日、中山競馬第3競走でビヨンドザダークに騎乗して1着となり、JRA通算100勝を達成した。

2005年5月31日付で騎手を引退。通算成績は2400戦110勝であった。引退後は土田稔厩舎所属の調教助手になったが、その後清水英克厩舎に移籍した。

関連項目[編集]