城南五山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島津山から転送)
移動先: 案内検索

城南五山(じょうなんござん)は、東京城南地区にある高台5ヶ所の総称である。いずれも山手線の内側、目黒駅から品川駅にかけての地域にあり、昭和期以降からの新興高級住宅街として知られる。

  1. 島津山 (しまづやま)
  2. 池田山 (いけだやま)
  3. 花房山 (はなぶさやま)
  4. 御殿山 (ごてんやま)
  5. 八ツ山 (やつやま)

で構成される(順不同)。

城南五山[編集]

島津山[編集]

現在の品川区東五反田1・3丁目付近の高台に相当する。名称は、旧島津公爵邸に因み、同邸宅は現在清泉女子大学となっている。

池田山[編集]

現在の品川区東五反田4・5丁目付近の高台に相当する。名称は、備前岡山藩池田家下屋敷があったことに因む。池田山には、池田山公園ねむの木の庭といった公園も整備されている。

花房山[編集]

現在の品川区上大崎3丁目付近の高台に相当する。名称は、明治大正期の外交官である花房義質の別邸があったことに因む。

御殿山[編集]

現在の品川区北品川3 - 6丁目付近の高台に相当する。名称は、徳川将軍家鷹狩の折りに休んだ品川御殿があったことに因む。

八ツ山[編集]

現在の港区高輪3 - 4丁目付近の高台に相当する。名称の由来については諸説ある[1]

  • この地に八つの岬があったので「八ツ山」と名づけたという説
  • 八人の諸侯の屋敷があったので「八ツ山」と名づけたという説
  • この地がかつての谷山(やつやま)村の一部だったことから谷山が「八ツ山」に転化したという説

八ツ山にはかつて岩崎家の別邸で、現在は三菱グループの施設となっている開東閣がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]