岩崎育夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩崎 育夫(いわさき いくお、1949年 - )は、日本政治学者。専門は、東アジア東南アジアの政治発展論。

長野県生まれ。立教大学文学部卒業。アジア経済研究所研究員を経て、現在、拓殖大学国際学部教授。

『華人資本の政治経済学』で毎日新聞社アジア太平洋賞特別賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ASEANにおける地域協力――文献解題と年表』(アジア経済研究所, 1984年)
  • 『開発と政治――ASEAN諸国の開発体制』(アジア経済研究所, 1994年)
  • 『アジアと民主主義――政治権力者の思想と行動』(アジア経済研究所, 1997年)
  • 『アジアと市民社会――国家と社会の政治力学』(アジア経済研究所, 1998年)
  • 『アジアの企業家』(東洋経済新報社, 2003年)
  • 『新世代の東南アジア――政治・経済・社会の課題と新方向』(成文堂, 2007年)

共編著[編集]

  • 村嶋英治萩原宜之)『ASEAN諸国の政党政治』(アジア経済研究所, 1993年)
  • (萩原宜之)『ASEAN諸国の官僚制』(アジア経済研究所, 1996年)
  • 佐藤宏)『アジア政治読本』(東洋経済新報社, 1998年)

訳書[編集]

  • リー・サオユエン, リンダ・ロウ『シンガポールの企業家精神――民間と国家』(勁草書房, 1992年)
  • ギャリー・ロダン『シンガポール工業化の政治経済学――国家と国際資本』(三一書房, 1992年)

参考[編集]

『現代日本人名録2002』日外アソシエーツ