岡田晟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 晟(おかだ あきら、1913年‐?)は、日本の漫画家山梨県甲府市出身。つげ義春の「義男の青春」の「田山先生」のモデルとして知られる。昭和初期のモダニズムの影響を強く受けた生活ぶりであった[1]

来歴 [1][編集]

  • 甲府市鹿島小学校に通う。同級に漫画家倉金章介、脚本家菊島隆三がおり、以降親交が続く。
  • 甲府商業高校卒業。
  • 明治大学商科へ進学するが、中退。
  • 戦前より子供漫画、挿絵絵本の仕事などに携わる。
  • 戦時中は映画会社茂原映画研究所に勤務。海軍の要請で「実貨映画」という兵隊向けの実質的には訓練のための教育用アニメを製作。当時生活に困っていた漫画家の杉浦茂帷子進や挿画家の荒井五郎も同じ職場で働いていた。
  • 戦後は進駐軍相手の似顔絵描き、貸本漫画家、貸本表紙、装丁一手引き請負業などを営む。終戦の翌年の紙芝居の東京の全盛期には、貸本が盛期になるまで紙芝居も経験し、当時加太こうじと知り合う。
  • 80歳当時まで、上野にて似顔絵描きとして生計を立てる。自宅でも依頼により肖像画を描く。この当時は東大宮で息子と2人暮らし。

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「夜行」(北冬書房)第18号
  2. ^ つげ義春を旅マップする【山手線のつげ義春Ⅰ】
  3. ^ 『別冊コミックボックスvol.4 ある日の手塚治虫』(ふゅーじょんぷろだくと刊)18ページ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]