古賀新一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古賀 新一
本名 古賀 申策
生誕 (1936-08-18) 1936年8月18日
福岡県大牟田市
死没 (2018-03-01) 2018年3月1日(81歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1958年 - 2018年
ジャンル ホラー漫画
代表作 エコエコアザラク
テンプレートを表示

古賀 新一(こが しんいち、1936年8月18日 - 2018年3月1日)は、日本漫画家福岡県大牟田市出身。本名の古賀申策(こが しんさく)、また古賀しんさく名義による作品もある。主にホラー漫画を執筆する。

略歴[編集]

大牟田市立平原小学校3年生の時、手塚治虫ロストワールド』に憧れて漫画家志望となる。福岡市の中学を卒業後、菓子製造会社などで働きながら独学で漫画を習得。21歳で上京し、ひばり書房の貸本向け単行本「黒猫」(短編集)掲載の「影なき犯人」でデビュー。1964年、『週刊マーガレット』で「白ヘビ館」を連載。当時、少女向けホラー漫画家として楳図かずおと双璧を成す存在だった。以後、続々と怪奇漫画を発表し、このジャンルを代表する作家のひとりとなる。

ホラー映画オカルトブームを追い風に、黒魔術というアイテムを取り入れた『エコエコアザラク』がヒット。後年、度々映像化されている。

2018年3月1日、病気のため死去[1][2]。81歳没。

作品リスト[編集]

  • エコエコアザラク
    • エコエコアザラクII
    • 魔女・黒井ミサ
  • 陰獣・人でなしの恋
  • のろいの顔がチチチとまた呼ぶ
  • 黒髪の呪い 
  • 呪いの鈴の音
  • 人面相の呪い
  • 私の肌に呪いの顔が
  • トロルドお母さんが恐い!
  • 魔女地獄
  • 恐怖のからくり人形
  • 恐怖!血の館
  • 恐怖の大時計
  • 死人の家
  • 夜が恐い!
  • ふるえて眠れ
  • 闇の死人学園
  • 白へび館(1)(2)
  • 呪いのへび教室
  • 恐怖の女とかげ
  • トカゲ女の子守歌
  • まだらの毒ぐも
  • 吸血くも男
  • 妖虫
  • 猿少女
  • 恐怖のオオカミ少女
  • 悪霊きつね屋敷
  • たたりの猫少女
  • ばけ猫の呪い
  • 猫の目人形
  • 恐怖のくちばし
  • 血みどろの蟲屋敷
  • けだもの屋敷
  • ばけもの屋敷
  • 血に呪われたばけもの屋敷
  • 白衣のドラキュラ
  • 生血を吸う幼女
  • 呪われた吸血少女
  • 復讐鬼いけにえ少女
  • いなずま少女
  • 老女の怨みいなずま少女
  • 殺し屋カプセル
  • ポケバイ★キッド
  • ヒルが吸い付く
  • 血が欲しいヒルが吸い付く
  • 白へび少女(1)(2)(3)
  • 白へびの恐怖(1)(2)

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “漫画家の古賀新一さん死去 81歳 「エコエコアザラク」怪奇ホラー作家の第一人者”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/16/kiji/20180316s00041000223000c.html 2018年3月16日閲覧。 
  2. ^ “古賀新一先生 訃報” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 秋田書店, (2018年3月16日), http://www.akitashoten.co.jp/news/1477 2018年3月16日閲覧。