岡本裕一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本 裕一朗
人物情報
生誕 1954年
日本の旗 日本 福岡県
国籍 日本の旗 日本
出身校 山口大学文理学部哲学・倫理学専攻卒業
九州大学大学院文学研究科博士課程満期退学
学問
研究分野 哲学倫理学
研究機関 九州大学
東和大学
玉川大学
学位 博士(文学)
テンプレートを表示

岡本 裕一朗(おかもと ゆういちろう、1954年 - )は、日本哲学倫理学者。玉川大学教授。博士(文学)1997年九州大学にて取得)。

経歴[編集]

福岡県生まれ。1978年山口大学文理学部哲学・倫理学卒、1984年九州大学大学院文学研究科博士課程満期退学。1997年「「精神の現象学」の体系構想 -アリストテレス哲学の再建」で九大文学博士。 九州大学文学部助手、東和大学工学部講師、助教授、教授、玉川大学文学部教授。[1]

著書[編集]

  • 『異議あり!生命・環境倫理学』ナカニシヤ出版 2002
  • 『ポストモダンの思想的根拠 9・11と管理社会』ナカニシヤ出版 2005
  • 『モノ・サピエンス 物質化・単一化していく人類』光文社新書 2006
  • 『12歳からの現代思想』ちくま新書 2009
  • 『ヘーゲルと現代思想の臨界 ポストモダンのフクロウたち』ナカニシヤ出版 2009
  • 『ネオ・プラグマティズムとは何か ポスト分析哲学の新展開』ナカニシヤ出版 2012
  • 『本当にわかる現代思想 フシギなくらい見えてくる!』日本実業出版社 2012
  • 『思考実験 世界と哲学をつなぐ75問』ちくま新書 2013
  • 『フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ』中公新書、2015
  • 『いま世界の哲学者が考えていること』ダイヤモンド社、2016

共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『思考実験』著者紹介、研究者情報