山崎要一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山﨑要一から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「山﨑要一」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
山﨑要一
生誕 1957年5月11日[1]
居住 日本の旗 日本
研究機関 九州大学鹿児島大学
出身校 九州大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

山﨑 要一(やまさき よういち、1957年5月11日[1]-)は日本歯科医師歯学者鹿児島大学大学院医歯学総合研究科健康科学専攻発生発達成育学講座小児歯科学分野教授。日本小児歯科学会理事長[2]


経歴[編集]

1983年九州大学卒業、1987年九州大学大学院単位取得満期退学後、同大学にて助手、講師を務め、2003年より現職[3] 1989年 九州大学 歯学博士 博士論文は「セルスポットを応用した下顎多点運動解析システムの開発と乳歯列期小児の側方滑走運動に関する研究 」。[4]

著作[編集]

  • 山﨑要一 他『歯と口の健康百科 家族みんなの健康のために』伊藤公一高橋英登宮地建夫向井美惠安井利一小野芳明齊藤力鈴木尚医歯薬出版、1998年7月。ISBN 978-4-263-45400-8
  • 山﨑要一 他『子どものための歯と口の健康づくり』安井利一医歯薬出版、2000年5月。ISBN 978-4-263-45471-8
  • 山﨑要一 他『親と子の健やかな育ちに寄り添う 乳幼児の口と歯の健診ガイド』日本小児歯科学会医歯薬出版、2005年5月。ISBN 978-4-263-44195-4
  • 山崎要一「咀嚼運動からみた小児期の咬合と顎口腔機能」『咀嚼・嚥下機能の検査法』日本顎口腔機能学会日本顎口腔機能学会、2007年3月、pp.58-64。ISBN 978-4-990335205
  • 吉原俊博、山﨑要一「第2編 成長発達 4章 頭蓋,顎顔面の発育 I 頭蓋の発育、II 顎の発育、III 発育の評価」『小児歯科学』編集代表 赤坂守人西野瑞穂佐々龍二高木裕三田村康夫医歯薬出版、2007年4月、第3版、pp.37-46。ISBN 978-4-263-45562-3
  • 山﨑要一「第2編 成長発達 5章 口腔機能の発達 III 下顎運動」『小児歯科学』編集代表 赤坂守人西野瑞穂佐々龍二高木裕三田村康夫医歯薬出版、2007年4月、第3版、pp.54-59。ISBN 978-4-263-45562-3
  • 山﨑要一「第5編 治療・処置 23章 咬合誘導 IV 動的(能動的)咬合誘導」『小児歯科学』編集代表 赤坂守人西野瑞穂佐々龍二高木裕三田村康夫医歯薬出版、2007年4月、第3版、pp.381-394。ISBN 978-4-263-45562-3
  • 山﨑要一 他『小児歯科学』髙木裕三田村康夫井上美津子白川哲夫医歯薬出版、2011年3月20日、第4版。ISBN 978-4-263-45641-5
  • 『小児歯科は成育医療へ ―今を知れば未来がわかる』吉田昊哲嘉ノ海龍三、山﨑要一、デンタルダイヤモンド社〈DENTAL DIAMOND 増刊号〉、東京都千代田区、2011年4月1日。ISSN 0386-2305 第36巻第6号 通巻520号。ISBN 978-4-88510-227-1

所属団体[編集]

学職
先代:
佐々龍二
第9回
2004年
昭和大学
成育歯科医療研究会 大会 大会長
第10回
2005年
鹿児島県歯科医師会館
次代:

第11回
2006年
松本歯科大学
先代:
野中和明
第23回
2005年
福岡県歯科医師会館
日本小児歯科学会 九州地方会 大会長
第24回
2006年
かごしま県民交流センター
次代:
藤原卓
第25回
2007年
長崎県歯科医師会館
先代:
山口泰彦
第35回
2005年
北海道大学
日本顎口腔機能学会 学術大会 大会長
第36回
2006年
鹿児島大学
次代:
祇園白信仁
第37回
2007年
日本大学

脚注[編集]

  1. ^ a b 『歯学研究者名鑑2005年版』監修 日本歯科医学会口腔保健協会東京都豊島区、2005年3月30日、第1版第1刷、350頁。ISBN 4-89605-209-9
  2. ^ a b 「専門分科会 一般社団法人 日本小児歯科学会」『日本歯科医学会誌』第32巻、日本歯科医学会東京都千代田区、2013年3月、 121頁、 ISSN 0286-164X
  3. ^ a b c d e 山﨑 要一 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2010年10月18日). 2011年4月29日閲覧。
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ 日本歯科医学会について/評議員一覧”. 日本歯科医学会. 2011年4月30日閲覧。
  6. ^ a b 日本小児歯科学会専門医名簿 九州地方会”. 日本小児歯科学会. 2011年4月30日閲覧。
  7. ^ a b c d 教授履歴”. 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 小児歯科学分野. 2011年4月30日閲覧。
  8. ^ 「抄録 第36回学術大会」『日本顎口腔機能学会雑誌』第13巻第1号、日本顎口腔機能学会東京都千代田区、2006年10月、 39頁、 ISSN 1340-9085
  9. ^ メンバー紹介”. こども医療ネットワーク. 2011年4月30日閲覧。