山本浩貴 (美術史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 浩貴(やまもと ひろき、1986年 - )は、文化研究者、アーティスト美術批評家[1]

経歴[編集]

千葉県生まれ。

一橋大学社会学部卒業後、ロンドン芸術大学にて修士号・博士号取得。

2013~2018年、ロンドン芸術大学トランスナショナルアート研究センター博士研究員。

韓国・光州のアジアカルチャーセンター研究員、香港理工大学ポストドクトラルフェロー、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科助教を経て、2021年より金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科芸術学専攻講師。

著書[編集]

  • トランスナショナルなアジアにおけるメディアと文化 発散と収束』(ラトガース大学出版、2020年)
  • 現代美術史 欧米、日本、トランスナショナル』(中央公論新社 、2019年)

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『現代美術史』/山本浩貴インタビュー” (日本語). Web中公新書|中央公論新社. 2022年2月10日閲覧。