山本敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 敬三(やまもと けいぞう、1960年5月17日 - )は、大阪府出身の民法学者京都大学教授博士(法学)(京都大学、2001年)。法制審議会民法(債権関係)部会幹事を務めた[1]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 『公序良俗論の再構成』(有斐閣、2000)
  • 『民法講義IV-1 契約』(有斐閣、2005)
  • 新井誠と共編『ドイツ法の継受と現代日本法』(日本評論社、2009)
  • 『民法講義I 総則』(有斐閣、第3版、2011)

脚注・出典[編集]