山本兼史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 兼史(やまもと けんじ、1996年5月21日 - )は、奈良県出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

國學院大学久我山高校卒業後、大学在学中には埼玉県を本拠地とするGRANDE FOOTBALL CLUB U-15でコーチを3年間務めた。

大学在学中に社会の教員免許を取得し、卒業後は金沢高校の社会科教員となる。

2021年8月にはJFLに所属するラインメール青森のアナリスト兼アシスタントコーチに就任[1]。対戦相手の戦力分析を行った。

退任後の2022年2月からはカターレ富山U-18 コーチに就任[2]

所属クラブ[編集]

2006年 - 2009年 常盤SSS

2009年 - 2012年 GRANDE FOOTBALL CLUB U-15

2012年 - 2015年 國學院大学久我山高校サッカー部

指導歴[編集]

2015年 - 2018年 GRANDE FOOTBALL CLUB U-15 コーチ

2019年 - 2021年 金沢高校サッカー部ヘッドコーチ

2021年 ラインメール青森 アナリスト兼アシスタントコーチ

2022年 - カターレ富山U-18 コーチ

脚注[編集]

  1. ^ 山本兼史 氏 アナリスト兼アシスタントコーチ就任のお知らせ” (日本語). ラインメール青森. 2022年2月25日閲覧。
  2. ^ 2022シーズン カターレ富山 アカデミー・スクールスタッフについて” (日本語). カターレ富山公式ウェブサイト. 2022年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]