山形県信用農業協同組合連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山形県信用農業協同組合連合会
統一金融機関コード 3006
代表理事理事長 保科周三
店舗数 1店舗
設立日 1948年8月
本所
所在地 〒990-0042
山形県山形市七日町三丁目1番16号
山形県JAビル2F
外部リンク http://yamagata.jabank.org
テンプレートを表示
山形県信用農業協同組合連合会のデータ
従業員数 96名
資本金 100億50百万円
貸出金残高 480百万円
預金残高 350億80百万円
特記事項:
財務指標は、2007年3月末現在のもの[1]
テンプレートを表示

山形県信用農業協同組合連合会(やまがたけんしんようのうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい)は、かつて山形県山形市七日町に本部・本所を置いていた信用農業協同組合連合会

財務内容は健全であったが、2003年11月に激化する金融競争をにらみ、収益基盤の安定化や機能強化を狙い資金運用などの一部事業を農林中央金庫事業譲渡することで調印[2]。さらに公庫受託業務、為替決済業務など残りのすべての業務を2008年1月15日に農林中金に譲渡し解散した。県信連の職員96人は退職者を除いて県信連の関連会社であった山形県JAビジネスや農林中金山形支店などに移籍した[3][4]

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年)- 山形県信用農業協同組合連合会として設立される。
  • 2003年(平成15年)11月 - 農林中央金庫に一部事業を譲渡。
  • 2008年(平成20年)
    • 1月15日 - 農林中央金庫に完全統合。
    • 3月末日 - 解散。

脚注[編集]

  1. ^ 農林中央金庫と山形県・富山県信用農業協同組合連合会の統合について農林中央金庫(平成20年1月15日)2016年11月6日閲覧
  2. ^ 「東北の県信連 農中と統合促進 今秋 秋田・山形 経営基盤強化」『日本経済新聞』2003年5月20日
  3. ^ 「農林中金に県信連の全事業譲渡 最終統合」『読売新聞山形版』2006年1月16日
  4. ^ 『山形県信連のあゆみ』

参考文献[編集]

  • 山形県信用農業協同組合連合会編『山形県信連のあゆみ』山形県信用農業協同組合連合会、2007年。

外部リンク[編集]