秋田県信用農業協同組合連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋田県信用農業協同組合連合会
秋田県農協ビル
秋田県農協電算センタービル
上が、最終的な本所となった秋田県JAビル、
下が、農林中金との統合方針が出るまで本所
として使用していた秋田県農協電算センタービル。
統一金融機関コード 3005
代表理事理事長 髙根正隆
店舗数 1店舗
設立日 1948年8月
出資金 150億20百万円
2006年3月末現在)[1]
貯金残高 430億60百万円
2006年3月末現在)[1]
貸出金残高 600百万円
2006年3月末現在)[1]
職員数 91名
本所
所在地 〒010-0976
秋田県秋田市八橋南二丁目10番16号
秋田県農協ビル2F
外部リンク http://akita.jabank.org
テンプレートを表示

秋田県信用農業協同組合連合会あきたけんしんようのうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい)は、秋田県秋田市に本部・本所を置いていた信用農業協同組合連合会

概要[編集]

1948年に前身の組織を改組して発足。当初は県内の市部などに数ヶ所に支所(鹿角北秋田山本仙北平鹿雄勝由利等)を置いていたが、最終的には秋田市の本所のみで業務を行っていた。

秋田県信連は、激化する金融競争をにらみ、業務の効率化を進め経営基盤の強化を図るため、1998年度から農林中央金庫と統合する協議を開始し、2003年10月14日、農林中金に資金調達、運用を移管する一部事業譲渡が実施された。また残った一部事業も、2007年3月には農林中金に完全統合された[2]

沿革[編集]

  • 1914年(大正3年)- 秋田信用組合連合会として発足する。
  • 1948年(昭和23年)- 秋田県信用農業協同組合連合会に改組した上で新たに設立される。
  • 2003年(平成15年)
    • - 本所を、秋田県農協電算センタービルから秋田県JAビル2Fに移転。
    • - 大町出張所(電算センタービル駐車場敷地内に設置された店舗外ATM)の管轄を、当連合会本所から新あきた農業協同組合の本店に移管。
  • 2007年(平成19年)3月 - 農林中央金庫に完全統合。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 農林中央金庫と秋田県信用農業協同組合連合会の最終統合について 農林中央金庫(平成19年2月13日)2016年8月23日閲覧
  2. ^ 「東北の県信連 農中と統合促進 今秋 秋田・山形 経営基盤強化」『日本経済新聞』2003年5月20日

外部リンク[編集]