山崎新平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 新平(やまざき しんぺい、生年不詳 - 元亀元年6月28日1570年8月9日))は、戦国時代の人物。

小諸藩の編纂史料『改撰仙石家譜』によると、同藩初代藩主・仙石秀久が元亀元年の姉川の戦いで討ち取った浅井長政配下の「兵」であるという。『改撰仙石家譜』にはこれ以上の言及がなく、加えて他の史料では見当たらない名前であることから、山崎の出身地や戦死時の年齢、どの程度の身分であったかなどは一切不明である。

関連項目[編集]

  • センゴク - 宮下英樹の漫画。登場人物の一人として大幅な脚色を加えて描写されている。作中ではを俊秀とするが創作である。