山室光史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山室光史 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-01-17) 1989年1月17日(27歳)
故郷 日本の旗 日本茨城県古河市
身長 158cm
体重 58kg
種目 男子体操競技
代表 2009-
所属 KONAMI
学歴 埼玉栄高校日本体育大学
 
獲得メダル
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 団体総合
2012 ロンドン 団体総合
世界体操競技選手権
2010 ロッテルダム 団体総合
2011 東京 団体総合
2011 東京 個人総合
2011 東京 つり輪
テンプレートを表示

山室 光史(やまむろ こうじ、1989年1月17日 - )は、日本体操競技選手

略歴[編集]

茨城県古河市出身。1996年(平成8年)秋、体操競技をテレビで見たことをきっかけに小学2年生(7歳)で体操を始め、埼玉県さいたま市のサトエスポーツクラブ [1]まで母の車で通い[2]、元中華人民共和国体操代表の呉傑の指導を受ける。2001年3月6日放送された、TBSテレビの『学校へ行こう!』のコーナー「未成年の主張」にて、古河市立古河第一小学校[3]屋上から出演し当時の大賀茂校長を激励した[4]埼玉栄高校3年時に高校総体個人総合優勝を果たす。高校の上級生には坂本功貴がおり、また在学中に内村航平(東洋高校)と知り合い親交を深める。 日本体育大学体育学部体育学科に進学し、畠田好章の指導を受ける。また以後、内村とチームメイトとなる。

2009年(平成21年)にJAPAN CUP2009の日本代表に選抜されナショナルチーム入り。翌年の2010年世界体操競技選手権(ロッテルダム)が世界選手権初出場となり、つり輪で4位と健闘した。しかし個人総合では、予選のゆかでの大きなミスが響き決勝進出できなかった。 日体大卒業後の2011年(平成23年)4月、内村とともにコナミスポーツ&ライフ(現コナミスポーツクラブ)に入社。2011年世界体操競技選手権(東京)では、団体での銀メダルに貢献した他、個人総合とつり輪で銅メダルを獲得した。

2012年ロンドンオリンピックでは、団体総合決勝・跳馬で着地時に転倒し、左足甲剥離骨折を発症して戦線離脱。個人総合を棄権した。彩の国功労賞を受賞。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、団体総合の決勝であん馬つり輪で演技し、金メダルを獲得[5]。11月、紫綬褒章を受章[6]。彩の国スポーツ功労賞受賞[7]

特徴[編集]

小柄だが筋力に定評があり、力技と跳躍技を得意としている。最大の得意種目はつり輪で、日体大の卒業論文はつり輪の「後方伸身2回宙返り2回ひねり下り」の研究だった[8]

脚注[編集]

  1. ^ スタッフ紹介”. サトエスポーツクラブ. 2016年8月7日閲覧。
  2. ^ 1999年9月27日 朝日新聞(茨城)「(ぴーぷる)山室光史君 全日本ジュニア体操で準優勝」
  3. ^ 学校要覧”. 古河市教育委員会 (2016年4月2日). 2016年8月7日閲覧。
  4. ^ 播磨谷拓巳 (2016年8月7日). “【リオ五輪】「学校へ行こう」で校長に誓った五輪 少年は夢を叶え、金を目指す”. BuzzFeed. https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/yamamuro?utm_term=.nk2yAWklV#.mfOEzGLYd 2016年8月7日閲覧。 
  5. ^ 体操男子日本が3大会ぶり王座奪回!内村悲願の団体金メダル” (2016年8月9日). 2016年8月16日閲覧。
  6. ^ 秋の褒章、772人20団体の受章決まる 朝日新聞 2016年11月2日
  7. ^ “内村、桐生ら8人を埼玉県が表彰”. スポニチアネックス. (2016年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/30/kiji/K20161130013820760.html 2016年11月30日閲覧。 
  8. ^ 2011年2月19日 朝日新聞「(be report)進化続ける体操の大技 「ウルトラC」は遠い昔 」

外部リンク[編集]