坂本功貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
2008 北京 団体総合

坂本 功貴(さかもと こうき、1986年8月21日 - )は、日本の元体操競技選手。北海道札幌市厚別区出身。

人物[編集]

上野幌中学校出身で卒業後は強豪、埼玉栄高等学校に入学。その後、順天堂大学に入学し数多くの成績を残している。

保育園時代に先生に勧められ、体操をはじめる。

2008年北京オリンピック日本代表に選出。北海道出身では不参加となったモスクワ五輪女子の日向由佳(札幌市出身)以来2人目、男子では初の五輪体操選手となった。2008年には彩の国功労賞を受賞。

特に日本人が弱いとされる吊り輪を鍛えている。

8月12日に行われた団体決勝では、4種目にエントリーし、日本の銀メダル獲得に貢献した。 個人総合でも、決勝に残っていたが、順天堂大学の先輩である冨田洋之選手に出場を譲った。

2010年には、ゆめ半島千葉国体に、千葉県成年男子代表として出場した。

2011年11月3日、現役を引退。「2009年に傷めた左手首のけがが治らず、引退を決めました」とのこと。

外部リンク[編集]