尾上誠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾上 誠良
(おのうえ さとみ)
生誕 1973年5月
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 薬学
研究機関 伊藤ハム
ファイザー
静岡県立大学
出身校 岡山大学薬学部卒業
岡山大学大学院
薬学研究科修士課程修了
静岡県立大学大学院
薬学研究科博士課程修了
主な業績 ペプチド性吸入剤や
新規製剤に関する
薬物動態制御学的な研究
創薬初期過程における
薬剤光線過敏症評価の
ためのツール開発
主な受賞歴 日本薬学会東海支部
学術奨励賞
2011年
日本薬剤学会奨励賞
2012年
静岡県立大学学長表彰
2015年
プロジェクト:人物伝

尾上 誠良(おのうえ さとみ、1973年5月 - )は、日本薬学者ペプチド科学薬剤科学)。学位博士(薬学)静岡県立大学2003年)。静岡県立大学言語コミュニケーション研究センター副センター長薬学部教授大学院薬学研究院教授。

伊藤ハム株式会社中央研究所医薬品グループ勤務、ファイザー株式会社中央研究所薬剤科学研究部勤務を経て、静岡県立大学薬学部講師、静岡県立大学薬学部准教授などを歴任した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1973年生まれ[1]岡山大学に入学し、薬学部薬学科にて薬学を学ぶ[2][3]1996年に卒業し、岡山大学の大学院に進学し、薬学研究科にて学んだ[2][3]1998年修士課程を修了する[2]

研究者として[編集]

岡山大学大学院修了後、伊藤ハムに入社する[2][4]。伊藤ハムでは、中央研究所の医薬品グループに所属し、医薬品研究に従事する[2][4]。また、静岡県立大学の大学院にて学び、2003年博士課程を修了した[2]。その結果、博士(薬学)学位を取得した[5]。学位論文の題は 「PACAP/VIPレセプターによるリガンド分子認識の特異性に関する生物化学的並びに物理化学的研究(Biochemical and physicochemical study on the specificity of ligand-recognition of PACAP/VIP receptors)」[6]2004年より、ファイザー日本法人である「ファイザー株式会社」に入社する[2][4]。ファイザーでは、中央研究所の薬剤科学研究部に所属し、研究に従事した[2][4]2007年に母校である静岡県立大学に転じ、薬学部の講師に就任し、薬物動態学分野を担当した[2]。また、静岡県立大学の大学院にて、薬学研究科の講師を兼務した。また、その間、2003年から2008年にかけて、東邦大学の薬学部にて客員講師を兼任し、薬品分析学研究室を担当した[7]。のちに、静岡県立大学の薬学部にて准教授に就任し、薬学科を担当している[1]山田静雄大泉康らとともに、薬物動態学分野に所属する[1][8]。また、大学院の薬学研究科と生活健康科学研究科が2研究院1学府に統合・再編されると、新設された薬学研究院の准教授を引き続き兼務することとなった。大学院薬学研究院では、薬物動態学教室を担当している[1]。その後、静岡県立大学の薬学部にて教授に昇任し、薬学科を担当している[1]。引き続き、薬物動態学分野に所属する[1]。また、大学院の薬学研究院の教授も引き続き兼務することとなった[1]。大学院においても、引き続き薬物動態学教室を担当している[1]。さらに、言語コミュニケーション研究センターの副センター長も兼務することとなった[1]

研究[編集]

専門は薬学であり、ペプチド科学薬剤科学といった分野を研究している[9]。具体的には、ペプチド性の吸入剤や新規製剤について、薬物動態の見地に基づいた研究を行っている[10][11]。それとともに、生理活性ペプチド誘導体について、そのデザイン機能の評価に取り組んでいる[10][11]。また、薬剤性の光線過敏症を評価するための技法開発にも取り組んでいる[10][11]。特に、毒性についてのリスクの予測法を開発したことが、レギュラトリーサイエンス分野での高評価に繋がっているとされる[12]。なお、世戸孝樹佐藤秀行らと共同執筆した光アレルギー反応に関する論文は、『Journal of Dermatological Science』の巻頭を飾っている[13][14]。これらの業績が評価され、日本薬剤学会からは日本薬剤学会奨励賞が授与されている[12][15][16][17]。そのほかの受賞歴としては、日本薬学会東海支部学術奨励賞なども受賞している[18]2015年3月には、静岡県立大学学長表彰を受けた[19]

略歴[編集]

賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「教員情報詳細」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  2. ^ a b c d e f g h i 「略歴」『DrOnoue静岡県立大学薬学部薬物動態学分野
  3. ^ a b 「学歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  4. ^ a b c d 「主な経歴」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  5. ^ 「学位」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  6. ^ 博士論文書誌データベース
  7. ^ 「その他」『DrOnoue静岡県立大学薬学部薬物動態学分野
  8. ^ 「スタッフ」『Staff静岡県立大学薬学部薬物動態学分野
  9. ^ 「専門分野」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  10. ^ a b c 「主要な研究テーマ」『DrOnoue静岡県立大学薬学部薬物動態学分野
  11. ^ a b c 「主要研究テーマ」『教員情報詳細:静岡県立大学教員データベース静岡県立大学
  12. ^ a b 「奨励賞」『2012年度各賞受賞者一覧 — APSTJ Website』日本薬剤学会。
  13. ^ Satomi Onoue, et al., "Chemical photoallergy -- photobiochemical mechanisms, classification, and risk assessments", Journal of Dermatological Science, Vol.85, Iss.1, Elsevier Ireland, 2017, pp.4–11.
  14. ^ 「薬学部薬物動態学分野の論文が学術雑誌の表紙を飾る」『薬学部薬物動態学分野の論文が学術雑誌の表紙を飾る:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学2017年2月21日
  15. ^ 「受賞者一覧」『奨励賞 — APSTJ Website』日本薬剤学会。
  16. ^ 「本学教員が日本薬剤学会奨励賞を受賞」『2012/06/01 本学教員が日本薬剤学会奨励賞を受賞静岡県立大学薬学部・薬学研究院2012年6月1日
  17. ^ 「本学教員が日本薬剤学会奨励賞を受賞」『本学教員が日本薬剤学会奨励賞を受賞:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  18. ^ 支部学術奨励賞・功労賞受賞者』。
  19. ^ 「教員活動評価における業績優秀者への学長表彰」『教員活動評価における業績優秀者への学長表彰:静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学2015年3月23日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]