少女たちの日記帳 ヒロシマ 昭和20年4月6日〜8月6日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

少女たちの日記帳 ヒロシマ 昭和20年4月6日〜8月6日』(しょうじょたちのにっきちょう ひろしま しょうわにじゅうねんしがつむいか〜はちがつむいか)は、2009年8月6日NHK BSハイビジョンハイビジョン特集」で放送されたドキュメンタリードラマである。

1945年(昭和20年)に広島県立広島第一高等女学校に入学した12歳から13歳の少女たちの日記帳を元に、4月6日の入学式から広島市原子爆弾が投下された8月6日まで少女たちの姿を関係者の証言と再現ドラマで描いた作品である[1][2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本・ディレクター:岸善幸
  • 制作統括:堤啓介、大門博也、河北讓
  • ナレーター:高橋美鈴
  • 撮影:夏海光造
  • 音声:永峯康弘、渡辺丈彦
  • 映像技術:鈴木裕
  • 美術:三ツ松けいこ
  • ヘアメイク:新井みどり
  • CG制作:小原彰夫
  • 編集:住吉信一
  • 音声効果:河原久美子
  • 音楽プロデューサー:友野久夫
  • 作曲:畑中正人
  • 演奏:TSUKEMEN
  • 編曲:長生淳
  • リサーチャー:教野陽子
  • 取材:竹村悠
  • 制作:NHKエンタープライズ
  • 制作・著作:NHKテレビマンユニオン

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロケ実績『少女たちの日記帳 ヒロシマ 昭和20年4月6日〜8月6日』”. 栃木県フィルムコミッション (2009年). 2014年11月12日閲覧。
  2. ^ 番組ライブラリー『少女たちの日記帳 ヒロシマ 昭和20年4月6日〜8月6日』”. NHK平和アーカイブス. NHK. 2014年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]