小高健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小高 健(おだか たけし、1929年昭和4年)[1] - 2011年平成23年)12月23日[2])は日本の医学者埼玉県出身[3]東京大学名誉教授[1]医学博士(東京大学・1959年)[4]。発がん過程に関与する遺伝子発見の先駆けとなる研究を行い[2]、晩年は医学史研究にも尽力し[2]数冊の著書を著した[5][6][7][8]

東京大学伝染学研究所 助教授東京大学医科学研究所 教授、所長、埼玉医科大学 教授を歴任[2]。1992年には第36回野口英世記念医学賞を受賞している[9]

略歴[編集]

著作[編集]

学位論文[編集]

著書(単著)[編集]

  • 『伝染病研究所-近代医学開拓の道のり-』学会出版センター、1992年12月。ISBN 978-4762267154
  • 『山極勝三郎-世界初の人工発癌に成功した-』学会出版センター〈人と学問選書〉、2006年3月。ISBN 978-4762230486
  • 『日本近代医学史』考古堂書店、2011年7月。ISBN 9784874997680
  • 『長与又郎-日本近代医学の推進者-』考古堂書店、2012年。ISBN 9784874998014

著書(編集・翻訳・分担執筆)[編集]

  • 小高健「ウイルスによる免疫抑制」『免疫学の周辺』畔柳武雄、大高裕一、松橋直 編、医学書院〈免疫学叢書12〉、1971年。
  • ヒルデマン 著『免疫遺伝学』渡辺貞、小高健 監訳、広川書店、1973年。
  • 長與又郎 著『長與又郎日記-近代化を推進した医学者の記録 (上)-』小高健 編、学会出版センター、2001年3月。ISBN 978-4762229589
  • 長與又郎 著『長與又郎日記-近代化を推進した医学者の記録 (下)-』小高健 編、学会出版センター、2002年6月。ISBN 978-4762229961

解説[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現:医学系研究科。

出典[編集]

  1. ^ a b c 近代日本の創造史 2007, p. 25.
  2. ^ a b c d e f 小高健 プロフィール”. 『長与又郎―日本近代医学の推進者』著者紹介として. 紀伊國屋書店 Web Store. 2015年3月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 商品の説明 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)”. Amazon. 2015年3月19日閲覧。
  4. ^ a b 小高健 1959.
  5. ^ 小高健 1992.
  6. ^ 小高健 2006.
  7. ^ 小高健 2011.
  8. ^ 小高健 2012.
  9. ^ 野口英世記念医学賞受賞者一覧 (PDF) - 野口英世記念会
  10. ^ 沿革・歴代所長”. 東京大学医科学研究所. 2015年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]