小脇健次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小脇 健次(こわき けんじ)は、日本の元お笑いタレント(1人コント)である。元太田プロダクション所属。血液型はA型。東京都葛飾区出身である。小脇健二、小脇けんじ、脇けんじとも。 弟は愛国思想家の小脇義秀

日本テレビ「鶴ちゃんのプッツン5」にて、知人とともに観覧していたところを、片岡鶴太郎に見いだされ、同番組の前説を務めるようになってデビューした。

その後太田プロ主催のライブ「噂のSHOW TIME」に出演するようになり、その得意なキャラクターで、人気者になった。同世代には、松村邦洋爆笑問題などがいる。なお、あっぱれさんま大教授 (CX)にて引退していることが明らかになった。

持ちネタ[編集]

  • 電車渋滞中のサラリーマン
  • ちょんまげにされた床屋の客

芸歴[編集]

受賞[編集]

ニッポン放送「松村邦洋のオールナイトニッポン」で行なわれた“第2回ギャグカウパー94”にてMVPを受賞した。

(第1回MVPは無名時代のロンドンブーツ1号2号

影響を受けた芸人[編集]

2006年5月28日放送の「あっぱれさんま大教授」にて、人気お笑い芸人のはなわが、高校生の頃ニッポン放送で放送された小脇健次のネタを聞いて、お笑い芸人になろうと決めたと告白した。

なお、同番組にて芸能活動再開を宣言した(明石家さんまは否定的)。