小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
正式名称 小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律
通称・略称 なし
法令番号 昭和43年6月1日法律第83号
効力 現行法
種類 行政組織法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

小笠原諸島の復帰に伴う法令の適用の暫定措置等に関する法律(おがさわらしょとうのふっきにともなうほうれいのてきようのざんていそちとうにかんするほうりつ)は、小笠原諸島(孀婦岩の南の南方諸島(小笠原群島、西之島及び火山列島を含む。)並びに沖の鳥島及び南鳥島)の日本国への復帰に伴い、法令の適用についての暫定措置その他必要な特別措置を定めるために施行された日本の法律

構成[編集]

  • 第一章 総則
  • 第二章 法令の適用の暫定措置
  • 第三章 権利の調整等
  • 第四章 村の設置
  • 第五章 現地における行政機関の設置
  • 第六章 雑則
  • 第七章 罰則
  • 附則

同法を根拠に設置された機関等[編集]

関連項目[編集]