小田原ジャンパー事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小田原ジャンパー事件(おだわらジャンパーじけん)は、2007年より10年にわたり生活保護業務を担当する小田原市職員が不適切な文章が記載されているジャンパー等を着用し、業務を行っていた不祥事。

概要[編集]

2007年に小田原市で生活保護を打ち切られた男性がカッターナイフで市職員を切り付ける事件が起きて以降職員が自腹でジャケットを作成[1]、騒動発覚時には33人いた職員のうち28人がジャケットを着用して業務を行っており[1]、生活保護世帯への訪問時に着用したケースもあった。また、のちの調査ではジャンパー以外にマグカップや携帯ストラップなどのグッズも作成していたことが発覚した[2]

文面[編集]

該当ジャンパーの左胸部分には「HOGO NAMENNA」(保護なめんな)とローマ字で記載し、「悪」を二本の刺又で交差させ、×印を付けたように模すエンブレムがある[3]

背面には生活(S)保護(H)悪(A)撲滅チーム(T)の頭文字を取り「SHAT TEAM HOGO」と大文字で書かれており、下部に英語で以下の文章が記されている。

原文[4]

We are "the justice" and must be justice,
so we have to work for odawara.

Finding injustice of them,we chase them and
Punish injustice to accomplish the proper execution.

If they try to deceive us for gaining a profit
by injustice,“WE DARE TO SAY,THEY ARE DREGS!”

日本語訳

我々は『正義』である。そして正義であらねばならない。ゆえに、我々は小田原市の為にこそ働かなければならない。

適正な給付を達成するため不正を見つけ、追いかけ、罰する。

もし不正受給を得る為に我々を騙そうとする者がいるのなら、「あえて言おう、『奴らはカスである!』」

反響[編集]

発覚後、不正受給を行っていない生活保護受給者を威圧するものであると小田原市に900件以上の批判が殺到した。また受給者のプライバシーに配慮していないとの批判もあった。一方「不正を許さない気持ちは大事」といった擁護意見も多数寄せられた[5]

小田原市側は該当文章が生活保護受給者や不正受給者を非難するものでなく、他部署の職員に対するメッセージだったと釈明[6]。そのうえで同市長の加藤憲一が謝罪[7]。「生活保護行政のあり方検討会」と名付けた現役受給者や元受給者も含む有識者会議を開き、再発防止に当たるとした[8][9][10]

検討会は4回持たれ、2017年4月6日に改善点をまとめた報告書が市長に渡された[11]。その中では「生活保護は市民の権利」と位置づけたため、「受給者」という単語を使用せず「利用者」としている[11]。これを受けて市長は1年後に改善点に対する努力の進行を検証するものとし、同月末には市民参加の上でシンポジウムを開催するとした[11]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “小田原市職員「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問”. 毎日新聞. (2017年1月17日). http://mainichi.jp/articles/20170118/k00/00m/040/084000c 2017年3月19日閲覧。 
  2. ^ “「生活保護なめんな」 8種類も関連グッズが…”. テレビ朝日. (2017年2月10日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094067.html 2017年3月19日閲覧。 
  3. ^ “小田原ジャンパー騒動、「申し訳なかった」”. 日経ビジネス. (2017年3月16日). http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/279177/031500016/ 2017年3月19日閲覧。 
  4. ^ “小田原市職員の上着に「不正受給はクズ」 生活保護担当が市民訪問に着用も”. 東京新聞. (2017年1月18日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017011802000128.html 
  5. ^ “生活保護ジャンパー問題 小田原市に苦情900件超”. 東京新聞. (2017年1月25日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201701/CK2017012502000173.html 2017年3月19日閲覧。 
  6. ^ “小田原市職員が「SHAT」を日本語で「生活保護悪撲滅チーム」と書かなかったワケ”. 週刊女性PRIME. (2017年2月16日). http://www.jprime.jp/articles/-/9090 2017年3月19日閲覧。 
  7. ^ “「受給者傷つけた」ジャンパー問題で小田原市長謝罪”. 神奈川新聞. (2017年2月14日). http://www.kanaloco.jp/article/231176/ 2017年3月19日閲覧。 
  8. ^ “「保護なめんな」問題点の洗い出しへ 小田原市が有識者検討会”. 神奈川新聞. (2017年2月18日). http://www.kanaloco.jp/article/232182/ 2017年3月19日閲覧。 
  9. ^ 生活保護行政のあり方検討会 - 小田原市。
  10. ^ 貧困と生活保護(48)ジャンパー問題の小田原市が示した課題と希望”. ヨミドクター. 読売新聞社 (2017年5月12日). 2017年8月29日閲覧。
  11. ^ a b c 生活保護ジャンパー問題、検討会が改善報告書 「小田原モデル構築を」”. 東京新聞 (2017年4月7日). 2017年8月29日閲覧。

関連項目[編集]