小田切純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田切純子
生誕 1952年
研究分野 会計学
実績 サービス産業の原価計算に関する研究
テンプレートを表示

小田切 純子(おたぎり じゅんこ、1952年 - )は、日本会計学者滋賀大学経済学部会計情報学科教授。

来歴[編集]

1952年岐阜県岐阜市生まれ。1975年滋賀大学経済学部を卒業後、神戸大学大学院経営学研究科に進学し、1977年同博士前期課程修了、1979年同博士後期課程中退。滋賀大学経済短期大学部助手、専任講師、助教授、滋賀大学助教授を経て、1998年より現職。専門は原価計算

年譜[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『消費者のための会計情報ディスクロージャーについて』(光生館、1993)
  • 『対消費者責任と会計情報』(光生館、1994)
  • 『サービス企業原価計算論』(税務経理協会、2002)

論文[編集]

主な所属学会[編集]

  • 日本管理会計研究学会
  • 日本企業経営学会
  • 日本原価計算研究学会
  • 日本消費者教育学会
  • 日本会計研究学会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]