小沢正夫 (国文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小沢正夫(おざわ まさお、1912年11月-2005年)は、国文学者愛知県立大学名誉教授。

東京生まれ。本籍・茨城県古河市。母方の祖母は関根正直の姉。暁星中学校浦和高等学校卒、1935年東京帝国大学国文科卒。36年愛知淑徳高等女学校教諭、38年愛知県第一高等女学校教諭、47年愛知県立女子専門学校教授、50年愛知県立女子短期大学助教授、57年愛知県立女子大学教授、61年「古代歌学の形成についての研究」で東京大学文学博士。66年愛知県立大学教授、76年定年で名誉教授、愛知学院大学教授、80年中京大学教授。89年紺綬褒章叙勲。

著書[編集]

  • 『万葉歌人の思想と芸術』新泉書房 1949 愛知女専紀要
  • 古今集の世界』1961 塙選書
  • 『古代歌学の形成』塙書房 1963
  • 『フランスの空の下 国文学者の西洋見学』和泉書院 1988
  • 万葉集と古今集 古代宮廷叙情詩の系譜』1992 新典社研究叢書

共編著[編集]

校注[編集]

参考[編集]