渥美かをる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渥美かをる(あつみ かおる、1911年明治44年)7月20日 - 1977年昭和52年)12月10日)は、愛知県出身の国文学者。『平家物語』の研究で知られる。

夫は名古屋市区長教育長を務めた渥美善三、娘に実業家著述家渥美育子がいる。

略年譜[編集]

以後、愛知県立女子短期大学教授、愛知県立女子大学教授、愛知県立大学教授を歴任

著書[編集]

校注[編集]

参考文献[編集]