小沢冬雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小沢 冬雄(おざわ ふゆお、1932年3月14日 - 1995年3月19日)は、日本の小説家比較文学者。

概要[編集]

静岡県掛川市生まれ。本名・小沢虎義。東京大学文学部仏文科卒。
中学校、高校の教師を経て、常葉学園大学教授1974年「鬼のいる杜で」で第11回文藝賞受賞。
1975年「営巣記」で第73回芥川賞候補、同年つづけて「黒い風を見た…」で第74回同候補。

小説[編集]

  • 「鬼のいる杜で」 河出書房新社 1975
  • 「黒い風を見た…」 新樹社 1993.6
  • 「サカジャウエアの水着・営巣記」 新樹社 2001.11

翻訳[編集]

  • 「パパのオウム /シンシア・ライラント」 新樹社 1993.6