小池靖一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小池 靖一(こいけ せいいち、嘉永6年1月10日[1]1853年2月17日) - 昭和3年(1928年1月13日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、貴族院勅撰議員

経歴[編集]

加賀国金沢出身。英学漢学を学び、開成学校教師を務める[1]大蔵省銀行局御用掛、参事院議官補、法制局参事官、同書記官、衆議院書記官、内務省監獄局長を歴任した[3]

1911年明治44年)、衆議院議員に補欠当選[4]1920年大正9年)6月2日には貴族院勅選議員に任じられた[5]

その他、金沢電気瓦斯株式会社社長、明治商業銀行相談役を務めた[1]

栄典[編集]

訳書[編集]

親族[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 人事興信録 1915.
  2. ^ 『官報』第318号、昭和3年1月23日。
  3. ^ 衆議院議員名鑑 1962.
  4. ^ 『官報』第8435号、明治44年8月3日。
  5. ^ 『官報』第2350号、大正9年6月3日。
  6. ^ 『官報』第907号「叙任」1886年7月10日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年