小池民男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小池 民男(こいけ たみお、1946年10月5日 - 2006年4月25日)は日本のジャーナリスト朝日新聞編集委員兼論説委員。「天声人語」担当。

概要[編集]

岐阜県益田郡萩原町(現下呂市)出身。萩原南中学校を卒業。東京大学法学部丸山真男ゼミ出身。1969年、朝日新聞社に入社。学芸部の記者を長く務め、学芸部次長などを経て、1991年に論説委員。1997年1月から2000年7月にかけて朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」を執筆。2001年4月1日からは、栗田亘の後任として朝刊のコラム「天声人語」の執筆を担当、2004年3月31日まで連載した。

2001年8月8日及び同年10月27日掲載の天声人語について、週刊新潮(2003年2月20日号)が、「インターネットから「盗用」していた 朝日の看板コラム「天声人語」」と題する記事を掲載。朝日新聞社が新潮社に謝罪と5000万円の賠償を求める裁判に発展した。ただし、その週刊新潮の記事中で、その日は小池以外の記者が執筆を担当していたことが明らかにされている。

ペットボトル飲料から核兵器の恐怖を連想したり(2002年7月19日)、明らかに風邪と思われる症状が多数出ていても風邪と断定できないように、沈没したのは「不審船」と断定はできない(2002年1月6日)とするなどのアクロバティックな論調や引用の多さについて、一部ネット上では度々批判的検証の対象となり、タミーの愛称で親しまれた。

2005年4月4日からは、署名コラム「時の墓碑銘(エピタフ)」を毎週月曜に連載。「幾時代かがありまして 茶色い戦争ありました―中原中也」から始まり、2006年4月3日の「権力は腐敗する 弱さもまた腐敗する―エリック・ホッファー」が絶筆となった。

2006年初頭に、食道癌を患い入院。病床で執筆を続けたが、同年4月25日午前4時33分、食道癌のため東京都中央区築地国立がんセンターで死去。59歳。晩年は比較文学者の新井潤美をパートナーとしていた(新井『自負と偏見のイギリス文化』岩波新書あとがき)

著書[編集]

翻訳[編集]