小森谷巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小森谷 巧
生誕 (1959-08-27) 1959年8月27日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県古河市
学歴 桐朋学園大学音楽科
ウィーン国立音楽大学
王立音楽大学
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
共同作業者 読売日本交響楽団
公式サイト www.dolcekomoriya.com

小森谷 巧(こもりや たくみ、1959年8月27日 - )は、日本ヴァイオリニストである。兄はピアニストの小森谷泉、妻はピアニストの小森谷裕子。茨城県古河市出身[1]

経歴[編集]

師事[編集]

近年の活動[編集]

ソリストとして、読売日本交響楽団東京交響楽団ロイヤルチェンバーオーケストラ仙台フィルハーモニー管弦楽団などと共演。 また、指揮者として古典派の作品を中心に演奏活動を行う[2]。 現在、昭和音楽大学教授[2]国立音楽大学講師[3][4]サイトウ・キネン・オーケストラ[2]、読売日本交響楽団コンサートマスター[2]

ディスコグラフィー[編集]

ソロ[編集]

  • 『Romance』(1996年)
  • 『弦の巧』(2013年)
  • 『弦の巧Ⅱ』(2014年)

Izumi & Takumi KOMORIYA Quartetto di Lugano[編集]

  • 『Ernest Chausson』(2007年)

The Grand Trio[編集]

  • 「ブラームス ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調 作品8 / メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品49」(2009年)
  • 「ラヴェル ピアノ三重奏曲 イ短調 / シューベルト ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調 D.929」(2010年)
  • 「ショスタコーヴィチ ピアノ三重奏曲第2番 ホ短調 作品67 / メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第2番 作品66」(2013年10月30日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.508
  2. ^ a b c d e f 小森谷巧公式ホームページプロフィール”. 2015年6月2日閲覧。
  3. ^ a b c d 読売日本交響楽団ソリスト”. 読売日本交響楽団. 2013年12月14日閲覧。
  4. ^ 国立音楽大学教員一覧”. 国立音楽大学. 2013年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]