小森半平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小森半平
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
主君 佐藤忠能斎藤利治利堯
氏族 小森氏

小森 半平(こもり はんへい)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将[1]美濃斎藤氏の家臣。加治田衆の一人。

略歴[編集]

美濃国加治田出身。始め加治田城主・佐藤忠能に仕える。その後、斎藤利治利堯の家臣として仕えた。

永禄8年(1565年)の堂洞合戦関・加治田合戦に続けて参戦。

天正10年(1582年)の加治田・兼山合戦には、歴代将と共に加治田城衣丸(出丸)を守備した[2]。加治田・兼山合戦では、加治田城衣丸を代々仕えている名のある古将の一人として守備し、湯浅新六と共に三方の一体として、森軍堂洞城本陣を攻めたと考えられる。

歴代加治田衆では、小森半平の他、田野七郎右衛門吉田弥三清水九郎兵衛梅村佐平治の名が記されている[3]

子孫で、唯一加治田城下町において小森家の家が存在している[4]

脚注[編集]

  1. ^ 富加町史 198頁 「加治田主屈強三十八騎」
  2. ^ 富加町史下巻通史編 239頁「加治田城衣・中の西の絹丸捨堀口」湯浅新六を将とし、佐藤堅忠梅村佐平治大島光政と共に三百人余人として守備した。」
  3. ^ 梅村佐平治は半平と共に同じ部隊の将、田野七郎右衛門は一軍を指揮する大将、吉田弥三は長沼三徳と共に行動した将であり、清水九郎兵衛旗本である」
  4. ^ 富加町史下巻通史編 「下町部落地図 県道バイパス 南側 128頁」

出典[編集]

外部リンク[編集]